ブラジル

【海外の反応】「日本戦は控えを..」日本代表と対戦するブラジルがネイマールら25名を招集!

ブラジルサッカー連盟は20日、11月の国際親善試合に向けたブラジル代表メンバー25名を発表した。
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)やミランダ(インテル/イタリア)らを順当に選出した他、
ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)、ジエゴ・ソウザ(スポルチ/ブラジル)、タイソン(シャフタール/ウクライナ)の3名が復帰を果たしている。
続きを読む

【海外の反応】「日本を粉砕するだろう」日本代表の対戦相手がベルギーに決定!

H組を2位で突破した日本だが、決勝トーナメントはイバラの道が待ち受けることになった。1回戦で対戦するベルギーは優勝候補の一角だ。世界トップクラスの爆発的な攻撃力が武器。10代からエースを務めるFWルカク、チェルシーの司令塔MFのE・アザールらが中心となり、個々の高い能力と創造的な組織プレーで相手ゴールに襲いかかる。MFメルテンス、MFビツェルらテクニシャンぞろいの伏兵も好調を維持している。
一方で守備は不安定か。第2戦のチュニジア戦ではあっけなくDFラインの裏をとられ2失点。中盤にも攻撃的な選手がそろっているため、どうしても重心が前に掛かりがちだ。
若手を中心とした充実の戦力を誇りながら、14年ブラジル大会、16年欧州選手権はともに8強止まり。国際大会での経験不足を露呈した。悔しさを力に変えたE・アザール、MFデブルイネら「黄金世代」が円熟味を増し、欧州予選ではドイツと並んで最多の43ゴール。FIFAランク3位の優勝候補としてロシアに乗り込み、悲願の初Vを視界に捉えている。
続きを読む

【海外の反応】「とんでもなく強い」王座奪還狙うブラジル、完封勝利で首位突破!セルビアは敗退決定

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が27日に行われ、セルビア代表とブラジル代表が対戦した。
突破のためには勝利が必要となる3位セルビアは第2戦からスタメンを3名変更。一方のブラジルはネイマールやフィリペ・コウチーニョら第2戦と同じ11名で臨む。
開始10分、ブラジルにアクシデント発生。マルセロがプレー続行不可能となり、フィリペ・ルイスとの交代を余儀なくされる。36分、パウリーニョが斜めに走り出すとコウチーニョがピンポイントパス。最後はつま先で押し込み、ブラジルが先制する。
続きを読む

【海外の反応】「劇的結末だ」ブラジル、大苦戦も土壇場のゴールでコスタリカに勝利!

※追記しました
2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が22日に行われ、ブラジル代表とコスタリカ代表が対戦した。
第1戦はスイスとドローに終わったブラジル。第1戦で右サイドバックを務めたダニーロが負傷のため欠場し、ファグネルが先発起用された。黒星発進となったコスタリカは第1戦からスタメンを1名変更。5バックの左にはブライアン・オビエドが入った。
続きを読む