プレー

【ドイツの反応】「陰のヒーローだ」長谷部誠、リベロで連勝に貢献!現地サポが絶賛!

ブンデスリーガ第11節3日目が11日に行われ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトがホームでシャルケと対戦し、3-0の完封勝利を収めた。長谷部は3バックの中央で先発し、8試合連続のフル出場を果たした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-05018747-gekisaka-socc
ロシア・ワールドカップ後に日本代表引退を表明した長谷部。開幕3試合は今季就任したアディ・ヒュッター監督が4バックを採用したこともあって出番のなかった長谷部だが、3バックにシフトし始めたリーグ第4節RBライプツィヒ戦(1-1)で初スタメン。そこからチームは4勝2分1敗と右肩上がりで、暫定6位につけている。

続きを読む

【海外の反応】清武弘嗣の1G1Aを現地ニュルンベルクサポーターはどう見たのか?(ブレーメン戦)

29日の敵地ブレーメン戦で1得点1アシストをマーク、ドローに持ち込んだ日本代表MF清武は「モヤモヤしていましたし、これが良いきっかけになれば。早く1勝したい」と前を向いた。
0―2の前半44分、豪快な右足のボレー弾で今季2得点目を決めて反撃態勢を整えると、2―3で迎えた後半25分には今季初アシスト。勝ち点1獲得に貢献した。また日本代表MF長谷部も3ボランチの右でフル出場し、攻守に奮闘した。清武は30日付の専門紙キッカー、大衆紙ビルトからともに2の高い評価(最高点は1で最低点は6)。長谷部はともに3の及第点だった。―
スポニチ

続きを読む

【海外の反応】柿谷曜一朗、スイスの強豪バーゼルへの移籍が決定!

※追記しました
セレッソ大阪は7日、MF柿谷曜一朗がスイスのフースバル・クラブ・バーゼルへ完全移籍することを発表した。15日の川崎F戦の試合終了後に、セレモニーを行う。
クラブを通じて柿谷は「僕はセレッソがめちゃくちゃ好きだし、一緒にやってきたみんなとタイトルを取りたい気持ちはありました。でも、もう一度海外でプレーできるチャンスが来て、ワールドカップで悔しい思いをした中でいっぱい考えて、FCバーゼルでチャレンジしようと決めました。今のセレッソには一番上に立つべき選手たちが揃っていると思います。全員が輝くことを祈っているし、僕もそれに負けないようにがんばります。これまで本当に応援してくださったサポーターの皆さんには感謝しています。皆さんの前で、(リリース上ではなく)自分の口できちんとお礼をいいたいと思いますので、少し時間をください」と、コメントを発表している。-

続きを読む

【海外の反応】ドルトムントから去るチドンウォンと加入するケヴィン・カンプル

ボルシア・ドルトムントFWチ・ドンウォン(23)が、完全移籍でアウクスブルクに加入することが決まった。両クラブは22日、それぞれのウェブサイトで発表している。
韓国人のFWチ・ドンウォンは、夏にドルトムントに加わったばかりだった。負傷に悩まされ、トップチームでの出場はないまま、クラブ側は同選手の移籍を容認したようだ。アウクスブルクの公式ウェブサイトは、今回3度目に加入が決まったチ・ドンウォンの言葉を伝えている。
「今シーズンの前半戦は負傷などで希望していたとおりにはいかなかったが、再びアウクスブルクのユニフォームを着ることができ、喜んでいる。できるだけ早く調子を取り戻して、チームが目標を達成できるために助けたい」

続きを読む

【海外の反応】バイエルン対CSKAモスクワ(本田圭佑評など)

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグが17日に開幕し、第1節1日目が各地で行われた。日本代表MF本田圭佑の所属するD組のCSKAモスクワ(ロシア)は敵地で昨季王者バイエルン(ドイツ)と対戦し、0-3で敗れた。
ロシア『R-Sport』は試合後の本田のコメントを掲載している。
「前半にセットプレーから2失点を喫した。これは残念なことだった。そして僕らは得点することが出来なかった。僕やアーメド・ムサ、ほかの攻撃陣も得点しなければいけなかった。難しい時もありますが、それが僕らに与えられた義務。非常に残念なことだが、今回はそれが出来なかった」

続きを読む

【海外の反応】2戦連続得点の長友、ドルトムント戦での乾、大勝した酒井高徳への現地サポーターの反応をまとめました

セリエAは1日、第2節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でカターニアと対戦し、3-0で勝利した。左MFで先発した長友は、1点リードで迎えた後半10分に2試合連続ゴールとなるヘディング弾を決めて勝利に大きく貢献した。インテルは開幕2連勝と絶好のスタートを切った。 ―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】香川真司1ゴール1アシストの活躍でドルトムントの勝利に貢献!(ザンクトパウリ戦)

※追記しました(2回)
DFBポカール(ドイツ国内杯)は28日、2回戦を行い、MF香川真司とMF丸岡満の所属するドルトムントは敵地でザンクト・パウリ(2部)と対戦し、3-0で快勝した。25日のハノーファー戦(0-1)は途中出場だった香川も公式戦2試合ぶりに先発し、後半43分までプレー。前半33分の先制点をアシストすると、2-0の後半41分にはダメ押しの3点目を奪い、チームの3回戦進出に貢献した。公式戦6試合ぶりにベンチ入りした丸岡は出番がなかった。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】長友どうなる?あのサントンのインテル復帰が決定

インテルは2日、ニューカッスルDFダヴィデ・サントン(24)の獲得を決めた。レンタルでの移籍だが、シーズン終了後の買い取りオプションが付いている。
サントンはインテルの下部組織出身で、18歳のときにトップデビュー。ジョゼ・モウリーニョ現チェルシー監督の下で見事なプレーを続けて将来を嘱望されていたが、その後は伸び悩んだ。
チェゼーナにレンタルされた後、2011年からニューカッスルでプレーしていたサントン。成熟した姿を本拠地サン・シーロのファンに見せることができるだろうか。-

続きを読む