レアル

【海外の反応】「怪しいと思ってた」2002年のロベルトカルロスにドーピング疑惑が浮上

サッカー元ブラジル代表で、2002年日韓ワールドカップ(W杯)優勝に貢献したロベルトカルロス氏(44)に、薬物使用疑惑が浮上している。ドイツ公共放送ARDが10日、報じた。同氏は否定し、法的措置をとる姿勢を見せている。
ARDは、ロシア陸上界のドーピング問題を先駆けて伝えたことで知られる。今回は、ブラジルに10年以上もトップ選手に禁止薬物を提供している医師が存在し、ドーピングが日常的に行われていると伝えた。同医師が持久力向上に効果があるエリスロポエチン(EPO)や、筋肉増強作用などがあるクレンブテロールを勧めるシーンも流した。
番組の中で、現役時代に攻撃的なディフェンダー(DF)として、スペインリーグ1部のレアル・マドリードなどで活躍し、左足からの強烈なシュートが代名詞だったロベルトカルロス氏にも言及した。15年にブラジルの反ドーピング機関がサンパウロの検察庁に提出したとされる関係書類に「名前が記載されていた」とした。

続きを読む

外国人「レアル対ユベントスのCL決勝はどうなると思う?」【海外の反応】

2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝はユヴェントスとレアル・マドリードの対戦に決まった。
欧州王者の座を懸けた試合は6月3日にウェールズの首都カーディフにあるミレニアム・スタジアムで開催。日本時間では6月3日27:45(4日午前3:45)にキックオフされる。
ユヴェントスは、2014-15シーズンにバルセロナに敗れて準優勝となって以来、2年ぶりの決勝進出。アヤックスをPK戦で破った1995-96シーズン以来、21年ぶり3度目の欧州制覇を狙う。

続きを読む

【海外の反応】「一時代の終焉だ」レアル、衝撃の4失点大敗でCL4連覇ならず!ドルトムントも敗退

※追記しました
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦が5日に行われ、レアル・マドリー(スペイン)は本拠地サンチャゴ・ベルナベウでアヤックス(オランダ)と対戦し、1-4で敗れた。2試合合計3-5と逆転を許し、敗退が決定。2015-16、2016-17、2017-18シーズンと前人未到の3連覇を果たした王者がベスト16で姿を消した。一方、アヤックスにとっては2002-03シーズン以来、16年ぶりの準々決勝進出。ラウンド8の組み合わせ抽選会は15日にスイスのニヨンで実施される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-35267938-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「ファイトクラブだ」セルヒオラモスの移籍先に最適なチームはどこ?大喜利状態に発展!

サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、主将のセルヒオラモスとロッカールームで激しく口論し、契約を解除すると同選手を脅したと、複数のスペインメディアが7日に報じた。
レアルは5日、ホームで行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦で、アヤックス(オランダ)に1─4で敗れ、2戦合計3─5で逆転敗退。昨季まで8シーズン連続で準決勝進出、昨季は3連覇を果たして通算13回目の優勝を飾ったレアルにとっては、2010年以降最も早いステージでの敗退となった。
スペイン紙アスによると、ペレス会長はこの第2戦でのパフォーマンスが「みっともなかった」とチームに述べ、それに反発したセルヒオラモスと口論に発展。アスを含む複数メディアは、ペレス会長がほかの選手らのいる前でセルヒオラモスを脅したと伝えた。

続きを読む

【海外の反応】「王の帰還だ!」ジダン、レアル電撃復帰が決定!!レアルの大型補強に震える海外のファン!

レアル・マドリーは11日、サンティアゴ・ソラーリ監督との契約を解除し、ジネディーヌ・ジダン氏が復帰することを発表した。契約期間は2022年6月30日まで。
今季、レアルは昨季まで指揮を執っていたジダン氏の退任に伴い、当時スペイン代表を率いていたフレン・ロペテギ前監督を招聘。しかし、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドを放出したレアルは、公式戦無得点のクラブワースト記録を更新するなど、新シーズンスタートから不調にあえいだ。そしてリーガ・エスパニョーラ10試合を終えて4勝2分4敗。伝統のダービーマッチ、バルセロナとのクラシコの敗戦が解任の決め手となった。
そして、後任にBチームを指揮していたソラーリ監督が就任。当初は暫定監督だったが、公式戦4戦全勝15得点2失点と、レアル史上最も優れた発足以降の成績を残して11月に正式監督となった。就任後、公式戦22勝2分8敗と一定の成績を残したが、コパ・デル・レイ準決勝、リーガ第26節に行われたクラシコで連敗。さらにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でアヤックスに敗れ、逆転での敗退が決まり、事実上の解任に至った。

続きを読む

【海外の反応】「鹿島はレアルをリスペクトしすぎた」ジーコが鹿島の完敗を語る

クラブワールドカップ準決勝で鹿島アントラーズがレアル・マドリーに敗れたあと、鹿島のジーコ・テクニカルディレクターが自身のSNSのインスタグラム(アカウントは )を更新して、悔しさをぶつけた。
時間が経つにつれて力の差を見せつけられて、完敗を喫した。しかし――勝機はあったのではないか。むしろ、そのチャンスを一瞬の隙から逃したのではないか。
ジーコの悔しさと怒りと、そして選手とサポーターを発奮させようとする想いが伝わる書き込みとなっている。
続きを読む

【海外の反応】「これがレアルだ」鹿島、ベイルが圧巻のハットでレアルに敗戦..土居のゴールで一矢報いる

FIFAクラブワールドカップ2018は19日、UAEのアブダビで準決勝を行い、アジア代表の鹿島アントラーズは欧州代表のレアル・マドリー(スペイン)と対戦し、1-3で敗れた。鹿島は22日の3位決定戦で南米代表のリバープレート(アルゼンチン)と対戦。レアルは同日の決勝で前人未到の大会3連覇を懸け、開催国代表のアルアイン(UAE)と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-10748411-gekisaka-socc

続きを読む

「鹿島が勝っても驚かない」世界のレアルファンは鹿島アントラーズ戦をどう見ているのか?【海外の反応】

クラブ・ワールドカップは19日に準決勝が行われ、鹿島アントラーズとレアル・マドリーが激突する。この一戦を前に、スペイン紙『マルカ』がアジア王者を警戒している。
アジア王者としてクラブW杯に臨んでいる鹿島。準々決勝では、北中米カリブ海王者グアダラハラ相手に逆転勝利を収め、準決勝では欧州王者レアルと2年ぶりに再戦することが決まった。
大一番が近づく中、『マルカ』は鹿島のレポートを掲載。「カシマはレアル・マドリー戦を前に何一つヒントを残さない」と題し、初戦で途中出場から1ゴールを挙げたMF安部裕葵に注目している。
続きを読む

【海外の反応】「アジアの誇りだ!」鹿島、安部のゴラッソなどでチバスに逆転勝利!レアルと再戦決定!(クラブワールドカップ)

FIFAクラブワールドカップ2018準々決勝が15日に行われ、鹿島アントラーズとグアダラハラ(メキシコ)が対戦した。
開始3分、イサーク・ブリスエラのドリブル突破を許すとクロスをアンヘル・サルディバルに決められ、立ち上がりに失点を喫してしまう。前半は鹿島の1点ビハインドで折り返す。
鹿島は後半開始からレアンドロに代えて安部裕葵を投入する。すると後半開始早々の49分、土居聖真のグラウンダーのクロスを永木亮太が詰めて同点に追いつく。さらに69分、土居がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。セルジーニョが落ち着いて決め、逆転に成功した。終了間際の84分には途中出場の安部が貴重な追加点を奪う。後半アディショナルタイム、アラン・プリードのPKはクォン・スンテがストップしたが、こぼれ球を押し込まれた。
続きを読む