レアル

【海外の反応】「鹿島はレアルをリスペクトしすぎた」ジーコが鹿島の完敗を語る

クラブワールドカップ準決勝で鹿島アントラーズがレアル・マドリーに敗れたあと、鹿島のジーコ・テクニカルディレクターが自身のSNSのインスタグラム(アカウントは )を更新して、悔しさをぶつけた。
時間が経つにつれて力の差を見せつけられて、完敗を喫した。しかし――勝機はあったのではないか。むしろ、そのチャンスを一瞬の隙から逃したのではないか。
ジーコの悔しさと怒りと、そして選手とサポーターを発奮させようとする想いが伝わる書き込みとなっている。

続きを読む

【海外の反応】「これがレアルだ」鹿島、ベイルが圧巻のハットでレアルに敗戦..土居のゴールで一矢報いる

FIFAクラブワールドカップ2018は19日、UAEのアブダビで準決勝を行い、アジア代表の鹿島アントラーズは欧州代表のレアル・マドリー(スペイン)と対戦し、1-3で敗れた。鹿島は22日の3位決定戦で南米代表のリバープレート(アルゼンチン)と対戦。レアルは同日の決勝で前人未到の大会3連覇を懸け、開催国代表のアルアイン(UAE)と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-10748411-gekisaka-socc

続きを読む

「鹿島が勝っても驚かない」世界のレアルファンは鹿島アントラーズ戦をどう見ているのか?【海外の反応】

クラブ・ワールドカップは19日に準決勝が行われ、鹿島アントラーズとレアル・マドリーが激突する。この一戦を前に、スペイン紙『マルカ』がアジア王者を警戒している。
アジア王者としてクラブW杯に臨んでいる鹿島。準々決勝では、北中米カリブ海王者グアダラハラ相手に逆転勝利を収め、準決勝では欧州王者レアルと2年ぶりに再戦することが決まった。
大一番が近づく中、『マルカ』は鹿島のレポートを掲載。「カシマはレアル・マドリー戦を前に何一つヒントを残さない」と題し、初戦で途中出場から1ゴールを挙げたMF安部裕葵に注目している。

続きを読む

【海外の反応】「アジアの誇りだ!」鹿島、安部のゴラッソなどでチバスに逆転勝利!レアルと再戦決定!(クラブワールドカップ)

FIFAクラブワールドカップ2018準々決勝が15日に行われ、鹿島アントラーズとグアダラハラ(メキシコ)が対戦した。
開始3分、イサーク・ブリスエラのドリブル突破を許すとクロスをアンヘル・サルディバルに決められ、立ち上がりに失点を喫してしまう。前半は鹿島の1点ビハインドで折り返す。
鹿島は後半開始からレアンドロに代えて安部裕葵を投入する。すると後半開始早々の49分、土居聖真のグラウンダーのクロスを永木亮太が詰めて同点に追いつく。さらに69分、土居がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。セルジーニョが落ち着いて決め、逆転に成功した。終了間際の84分には途中出場の安部が貴重な追加点を奪う。後半アディショナルタイム、アラン・プリードのPKはクォン・スンテがストップしたが、こぼれ球を押し込まれた。

続きを読む

【海外の反応】意外な結末!?バイエルン対レアル・マドリーCL準決勝第二戦

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は29日、準決勝第2戦を行い、レアル・マドリー(スペイン)が敵地で前回王者のバイエルン(ドイツ)に4-0で快勝し、2試合合計5-0で12シーズンぶりの決勝進出を決めた。バイエルンは連覇ならず。準決勝敗退で3シーズン連続となる決勝進出も逃した。―
ゲキサカ

続きを読む

内田篤人の怪我を心配しつつも日本のTV番組を堪能し絶賛する現地シャルケサポ(CL抽選結果への反応も)

シャルケDF内田篤人は、15日に行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦を欠場した。しかし、2013年最後の試合には間に合う見込みのようだ。
内田は11日に開催されたチャンピオンズリーグのバーゼル戦で右足に裂傷を負ったため、試合後に縫っている。この影響で、フライブルク戦ではベンチ入りしなかった。
それでも、大きなトラブルではない模様。チームが2-0で勝利した後、次節に間に合うかと問われた内田は「たぶん大丈夫です」と言葉を残し、会場をあとにした。―

続きを読む