レフリー

【海外の反応】W杯予選で担当した日本人主審をタイ人が痛烈批判!投稿した動画も話題に

W杯アジア2次予選が8日に行われた。有力国が順調に勝ち星を重ねているが、やや波乱となったのはF組のイラクが敵地でタイと2-2で引き分けた。後半4分までに2点を先行したイラクだが、後半35分にPKで1点差に迫られると、同38分に同点弾を喫してしまった。F組は勝ち点7のタイが首位、同4のイラクが2位で追う展開になっている。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】ブンデス公式チャンネルが香川真司、岡崎慎司、長谷部誠を特集した動画を投稿

今週末、ドルトムントの香川真司が1分の間に2度ネットを揺らすも
最初のゴールはオフサイドの判定で認められなかった。
しかし、日本代表はがっくりとうなだれることなく、同分内に来た次のチャンスを決めた。今回は得点になり、彼はついにシーズン3得点目を祝うことができた。

続きを読む

【豪州の反応】「日本人から学ぶべき」JリーグとAリーグが歴史的な戦略的連携協定を締結

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2日、オーストラリア・Aリーグとの戦略的連携協定を締結したと発表した。世界のフットボール界におけるアジアの存在感を高め、欧州一極集中の構図に歯止めをかける中長期的な戦略プランの構築を目指す。
シドニーにあるオーストラリアサッカー協会で調印式が行われ、Jリーグからは中西大介・常務理事、Aリーグからはデビッド・ギャロップCEO(最高経営責任者)が出席。中西常務理事は「2000年シドニー五輪以降、スポーツ産業の発展はめざましいものがある。2020年東京五輪を控えている我々はオーストラリアのスポーツ産業から学ぶ事がたくさんある」と話した。
今後は両国政府、外交事業への貢献や、両リーグで国際ユース大会を開催するなどの交流や、リーグ運営、マーケティング面で協力していく。なお、今回の協定で選手登録の提携国枠にオーストラリアは追加されない。Jリーグの海外のプロリーグとの協定締結はタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、イラン、マレーシア、カタールに続いて10か国目となる。

続きを読む

【豪州の反応】WSW、創設3年目でアジア制覇!西村主審の判定も話題に

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝セカンドレグ、アル・ヒラル(サウジアラビア)対ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)の一戦が1日行われ、0-0の引き分けに終わった。この結果、2試合トータル1-0でウェスタン・シドニーが優勝を飾った。
6月まで在籍したMF小野伸二(現コンサドーレ札幌)の活躍もあってグループステージを突破し、決勝トーナメント1回戦でサンフレッチェ広島を下したウェスタン・シドニーは、準々決勝で昨季王者の広州恒大、準決勝で昨季準優勝のFCソウルも下して決勝に進んだ。
先月26日に行われたホームでのファーストレグでは、FWトミ・ユリッチのゴールで1-0の勝利を収めて優位に立っていたウェスタン・シドニー。サウジアラビアに乗り込んでのセカンドレグも0-0で乗り切り、初のACL制覇を成し遂げることに成功した。

続きを読む

【海外の反応】「信じられない」Jリーグで前代未聞の大誤審!得点認められず外国人も困惑..

明治安田生命J1リーグ第12節で湘南ベルマーレは敵地で浦和レッズと対戦したが、思わぬ形で得点を逃してしまった。
湘南の2点ビハインドで迎えた31分、梅崎司の縦パスを受けた杉岡大暉が浦和DFをかわしてから左足を振り抜くと、右のゴールポストに当たって跳ね返ったボールは左のサイドネットを揺らした。浦和GK西川周作も失点を認めてボールをセンターサークルに戻そうとスロー。しかし山本雄大主審と川崎秋仁副審がともにゴールラインを割ったことを認めなかったため、まさかのプレー続行となった。
その後アンドリュー・ナバウトが負傷してプレーが途切れたため、湘南側は猛烈な抗議を見せたが結局判定は覆らず。明らかにゴールラインを割っていただけに湘南にとって厳しすぎる判定となってしまった。

続きを読む