ワールドカップ

【海外の反応】「日本戦は恥ずかしかった」オーストラリア代表監督が電撃辞任!悲喜こもごもの豪州人ファン

オーストラリア・サッカー連盟は22日、W杯出場を決めた同国代表を率いるアンジェ・ポステコグルー監督の辞任を発表した。
オーストラリア・サッカー連盟によると、ロシアW杯以降の契約更新について話し合いの場がもたれたが、ポステコグルー監督は「私にとって非常に厳しい決断だった」と辞任を決断し、連盟も指揮官の意志を尊重したようだ。
ポステコグルー監督は「2014年W杯で代表チームを率い、15年のアジア杯で優勝し、そして来年のW杯出場を決めた。しかし、大きな犠牲も必要としていた。自国の監督を務めることは最大の名誉だが、それに伴う大きな責任がある。心苦しいが私は今、旅を終わらせなければならない」と語っている。

続きを読む

【海外の反応】「あり得ない」日本が開催を目指す23年女子W杯を韓国と北朝鮮が共同招致!?FIFAが提案か..反対意見続出!

今年6月にフランスで開催される女子ワールドカップ。4年後のホストカントリーはまだ決まっていないが、韓国と北朝鮮の“南北開催”になるかもしれないというニュースが飛び込んできた。
韓国の全国スポーツ紙『スポーツソウル』がまず報じたのは、FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長の言葉で、「韓国と北朝鮮が女子ワールドカップを共同開催するという話を聞いた。これは大変なことだ」というもの。そこで同紙は、大韓サッカー協会のホン・ミョンボ専務理事を直撃。Jリーグでも活躍した同国サッカー界のレジェンドは、「先月だ。先に共同開催を提案してきたのはFIFAのほうで、我々(サッカー協会)は検討している段階。(韓国)政府にもこの事実を伝え、回答を待っている」と答えたのだ。
2023年大会の開催国立候補については、4月16日が申請の提出期限となっている。同紙によると現在、日本やタイ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、コロンビアなどが招致の意思を表明しているという。開催国は来年3月のFIFA評議会で決定される予定だ。

続きを読む

【海外の反応】代表監督が解任されて歓喜する豪サポーター

オーストラリアサッカー連盟(FFA)は11日、ホルガー・オジェック監督(65)の解任を発表した。
オーストラリアは11日、国際親善試合でフランスと対戦。前半29分までに4失点を許す内容で、最終的に0-6の大敗となった。それから数時間後にFFAはオジェック監督の解任を発表した。オジェック監督は、9月に行われたブラジル戦でも0-6の大敗を喫し、批判を浴びていた。
FFAのフランク・ロウィー会長は、次のような声明を発表している。
続きを読む