中国

【海外の反応】韓国が中国に快勝!3連勝でC組首位突破..中国は2位で決勝Tへ

アジアカップのグループC第3節が16日に行われ、ともに決勝トーナメント進出を決めている韓国代表と中国代表が対戦した。韓国が2-0で勝利し、3連勝で首位通過。中国は2位通過が決定した。
合流初戦となったFWソン・フンミン(トッテナム)は前半13分、PA内でボールを受けたところで倒され、PKを獲得。キッカーのFWファン・ウィジョ(G大阪)が右足で沈め、先制に成功した。
後半7分にはソン・フンミンの左CKからニアサイドのキム・ミンジェが打点の高いヘッドで合わせ、追加点。2-0で勝利した韓国は3連勝で首位通過が決定。2位通過の中国は決勝トーナメント1回戦でタイとの対戦が決定している。

続きを読む

【海外の反応】「信じられない」中国から歴史的ゴールもキルギス、GKの痛恨ミスから逆転負け

アジアカップのグループC第1節が7日に行われ、マルチェロ・リッピ監督率いる中国代表がキルギス代表に2-1で勝利した。
前半42分に失点して1点ビハインドで折り返した中国だったが、後半5分にオウンゴールで同点。そして同33分、CKからMFユ・ターパオが決めて試合をひっくり返した。
グループCは韓国、フィリピンと同組。

続きを読む

【海外の反応】「中国、怖い」中国国歌中の侮辱で元ブラジル代表FWが出場停止に!海外のファンも驚愕!

サッカー中国スーパーリーグ(1部)の山東魯能(Shandong Luneng)でプレーするブラジル人FWジエゴ・タルデッリ(Diego Tardelli)が、試合前の国歌演奏で顔をさすっていたとして、中国サッカー協会(CFA)から1試合の出場停止処分を受けた。
33歳のタルデッリは、先月28日に行われた上海上港(Shanghai SIPG)戦前の中国国歌演奏中、下を向いて右手で顔をさすっていた。この行為を受けて、CFAは先月31日に処分を通達し、「国歌が流れて歌われている時に、タルデッリの取った振る舞いは威厳に欠けており、マイナスの社会的影響を及ぼした」と述べていた。
中国では昨年、国歌への侮辱行為に厳しい処罰を与える法律が可決されており、中国国歌「義勇軍行進曲(March of the Volunteers)」をめぐって有名選手が処分を受けるのは、タルデッリが初めてのケースではない。

続きを読む

【海外の反応】日本も被害にあった主審の不可解なPK判定に中国のサッカーファンがブチギレ

20日に行われたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)ベスト16の1stレグ、城南対広州恒大の試合で起きた終了間際のPK判定が現地で物議を醸している。
問題のシーンは後半アディショナルタイムに起きた。95分、城南は左サイドのFKからゴール前にボールを放り込むと、エリア内で相手選手に倒されとの判定が下され、PKを獲得した。映像を見返すと、当該選手同士の接触は軽いように見えるが、広州恒大の抗議も虚しく、キム・ドゥヒョンの決勝弾で城南は2-1の勝利を収めた。

続きを読む

【海外の反応】「13億人もいるのに..」東京五輪を目指す中国代表にショック受けるヒディンク監督

2年後迫った東京オリンピック。これまで自国開催の2008年以外は五輪出場を逃し続けている中国はオランダの名将フース・ヒディンク氏を招聘して本気で出場権獲得を目指している。
そうした中、『NOS』はヒディンク監督のインタビューを伝えていた。
それによれば、71歳の指揮官は中国のユース代表にショックを受けたという…。

続きを読む

【海外の反応】元イタリア代表ジラルディーノの中国移籍が決定!

中国の広州恒大は11日、ジェノアから元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(32)が加入することを発表した。
マルチェロ・リッピ監督率いる広州恒大は、以前からジラルディーノ獲得が話題になっていた。ジラルディーノが所属していたジェノアとの交渉も終わり、取引が完了している。
イタリアメディアは10日、ジラルディーノの移籍が決定的になったと伝えていた。同選手は10日、自身のツイッターで、「今朝、僕は広州恒大とサインした。みんなのサポートに感謝したい」とつぶやいたそうだが、その後この投稿は削除されている。-

続きを読む