吉田

【海外の反応】「新契約を」吉田麻也がヘディングゴールでテストマッチ勝利に貢献!フリーキックも練習で決める

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、29日に行われたテストマッチのサンテティエンヌ戦でゴールを決めた。
サウサンプトンは64分にマノロ・ガッビアディーニのヘディングシュートで先制すると、直後の66分にジェームズ・ウォード・プラウズが決めて2点先行。すると86分には右CKでウォード・プラウズからのボールを、中央の吉田がヘディングで叩き込み追加点を奪った。
8日からチームに合流した吉田は、15日に行われた親善試合のザンクト・ガレン(スイス1部)戦(0-0)でキャプテンマークを巻いて先発出場し、前半のみプレー。22日に行われたブレントフォード(イングランド2部)戦にも先発出場し、77分までプレーした。サンテティエンヌ戦では初のフル出場で1ゴールを記録し、3-0の勝利に貢献。8月12日のスウォンジー戦で迎えるプレミアリーグ開幕に向けて調子を上げているようだ。

続きを読む

【海外の反応】失点に絡んだ吉田麻也を現地サポはどう見たのか?(サンダーランド戦)

サッカーのイングランド協会(FA)カップは15日、各地で5回戦が行われ、サウサンプトンのDF吉田麻也はアウェーのサンダーランド戦にセンターバックでフル出場した。チームは0-1で敗れた。
吉田麻也の話「(チームが)全体的に良くなかった。敗退したことが一番残念。(失点の場面は)一瞬迷った。シュートの場面で体に当てることができなかったのが悔やまれる」―
サンスポ

続きを読む

【海外の反応】「ハットトリックできた」吉田麻也、完封も決定機外し現地サポの評価が真っ二つに..FKも話題

プレミアリーグ開幕戦が12日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはスウォンジーと対戦した。試合は0-0のスコアレスドローに終わり、吉田はフル出場を果たした。
開幕戦で先発フル出場し、クリーンシートを達成したのだから悪い結果ではない。吉田個人としては不用意なパスミスが何度かあったものの、致命的なミスはなく、終始安定して相手を押さえ込んでいた。
しかし、勝てるチャンスがあったことを考慮すれば、「勝ち点2を落としたドロー」という解釈もできる。

続きを読む

【海外の反応】「マシーンだ」吉田麻也、PK獲得で劇的勝利に貢献!現地サポから高評価も空中戦には苦言

サウサンプトンDF吉田麻也が土壇場で決勝点を演出し、ホームでウェストハムに3-2で競り勝って今季初白星を挙げた。
サウサンプトンは前半11分、MFレドモンドのスルーパスからFWガッビアディーニが左足で流し込んで先制。同33分には相手MFアルナウトヴィッチが一発レッドで退場となって数的優位に立ち、同38分、MFデービスが倒されて得たPKをMFタディッチが左足で真ん中に蹴り込んで2点リードとした。
同45分、後半29分とレーバークーゼンから移籍のFWエルナンデスにともにこぼれ球を押し込まれて同点に追いつかれたが、ドロー寸前の同ロスタイム、MFウォードプラウズのアーリークロスに前線に上がっていた吉田が頭を合わせにいったが、この競り合いでDFサバレタのファウルを誘ってPKを獲得。これを交代出場のFWオースティンが右足でゴール右へ流し込み決勝点を奪った。

続きを読む

【海外の反応】「乾杯だ」吉田麻也が3年契約延長!祝福の声が現地セインツサポから殺到!

※追記しました
サウサンプトンは24日、日本代表DF吉田麻也(29)との契約を2020年夏まで3年間延長することをクラブ公式サイトで発表した。
2007年にJリーグの名古屋でプロキャリアを始めた吉田はオランダのVVVを経て、2012年8月にサウサンプトンへ加入。今年4月に日本人選手として初のプレミアリーグ100試合出場を達成するなど、これまでクラブ通算138試合に出場し、7得点を記録している。

続きを読む

【海外の反応】現地セインツサポ「吉田はホーイフェルトよりは良かったけど…」(バーンリー戦)

FAカップは4日、3回戦を各地で行い、日本代表DF吉田麻也とFW李忠成の所属するサウサンプトンは、チャンピオンシップ(2部)のバーンリーと対戦。サウサンプトンは苦しみながらも4-3で競り勝ち、4回戦進出を決めている。吉田はフル出場、李はベンチ外だった。―
ゲキサカ

続きを読む