大迫

【ドイツの反応】「飛躍の年になる」武藤、早くも今季2ゴール目!「進歩している」大迫はアシストでケルンの勝利に貢献!

ブンデスリーガは18日、第3節3日目を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツは敵地でMF宇佐美貴史所属のアウクスブルクと対戦し、3-1で快勝した。3試合連続ベンチスタートの武藤は後半22分から途中出場し、2-1の後半36分に今季2得点目となるダメ押しゴール。宇佐美は2試合ぶりにベンチ入りしたが、出番はなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-01631375-gekisaka-socc

続きを読む

【ドイツの反応】「理解できる」大迫勇也、コパアメリカ欠場へ..アジア杯酷使にブレーメンが異例の招集拒否文書

ドイツ1部ブレーメンは12日、所属するFW大迫勇也(28)について、日本代表が招待出場する6月開幕の南米選手権(ブラジル)への派遣をしないと発表した。既に日本サッカー協会にも伝えたとしている。大迫は日本が準優勝したアジア杯(UAE)で4試合4得点とエースの存在感を発揮したが、ブレーメンでは背中の痛みを訴えて5日のドイツ杯3回戦と10日のリーグ戦アウクスブルク戦でベンチ外となっていた。
日本協会とブレーメンの間に火種が生まれた。ブレーメンは公式サイトで強化責任者のバウマン氏の声明を発表。大迫が出場したアジア杯決勝でけがを悪化させた形跡はないが、クラブに合流後は公式戦2試合を欠場している状況を報告した。同氏は「困惑している」と批判すると同時に、6月の南米選手権は休養優先で派遣しないことを決めた。13日朝、同選手権の派遣を拒否するメールが日本協会に届いた。
大迫は昨年12月末のリーグ戦で右でん部を痛めた。UAE入り後の1月6日にチーム全体練習に合流し、初戦のトルクメニスタン戦(同9日)に先発出場。2得点の活躍と引き換えに、でん部の痛みを再発させ、別調整に入った。ただ、森保一監督(50)は「メディカルからの報告で大会期間中には回復できる」と治療を続け、準決勝イラン戦、決勝カタール戦でフル出場した。

続きを読む

【海外の反応】「脱帽だ」大迫勇也、ポストプレーから絶妙アシスト!現地サポが称賛!(ライプツィヒ戦)

ブンデスリーガ第17節が22日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはアウェイでライプツィヒと対戦。壮絶な打ち合いとなった試合は、ブレーメンが2-3で敗れた。大迫は58分から途中出場し、77分にはアシストを記録した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00880219-soccerk-socc

続きを読む

【ドイツの反応】「ヘディングの怪物だ」大迫、バイエルンからゴール!今季3点目もブレーメンは惜敗

ンデスリーガ第13節が12月1日に行われ、ヴェルダー・ブレーメンに所属する日本代表FWの大迫勇也がバイエルン・ミュンヘン戦でゴールを決めた。
セルジュ・ニャブリのゴールで先制を許したホームのブレーメンだが、反撃に出る。
33分、左サイドのマックス・クルーゼから正確なクロスが入ると、大迫が反応。頭で合わし、マヌエル・ノイアーを破った。
続きを読む

【ドイツの反応】大迫勇也1G1Aの活躍!現地サポ「長年うちにいたFWの中で一番危険だ

ブンデスリーガ2部は4日、第33節を行い、FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンはホームでMF田坂祐介の所属するボーフムと対戦し、2-0で勝った。大迫は前半31分に2戦連発となる先制点。後半アディショナルタイムには追加点をアシストし、ホーム最終戦でチームを3連勝に導いた。―
ゲキサカ

続きを読む

【ドイツの反応】見事なゴールを決めた大迫勇也を現地サポが高評価!酒井高徳は称賛される!

ブンデスリーガ2部は25日、第32節を行い、FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンは敵地でG・フュルトと対戦し、2-1で競り勝った。1トップで先発した大迫は前半15分に先制点。7試合ぶり今季5得点目を決めるなど、フル出場でチームの2連勝に貢献した。―
ゲキサカ

続きを読む

【現地サポ評】大迫勇也には及第点以上、酒井高徳には高評価!

ブンデスリーガ2部は23日、第26節を行い、FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンはホームでカイザースラウテルンと対戦し、0-1で敗れた。大迫は1トップでフル出場したが、不発。3試合連続ゴールはならなかった。
前節のE・アウエ戦(2-2)で移籍後初アシストを含む1ゴール1アシストを記録し、入籍後2戦連発中だった大迫。さらにホームでは加入後3戦連発中だったが、ともに連続ゴールはストップした。
スコアレスで折り返した後半10分に先制点を許すと、その後も大迫が前線で奮闘したが、最後まで1点が遠かった。後半アディショナルタイムには左FKのチャンスにゴール前まで上がってきたGKガーボル・キラーイがヘディングシュートで合わせたが、ゴール上へ。チームは3試合ぶりの無得点で5試合ぶりの黒星を喫した。―
続きを読む

【海外の反応】1G1A大迫勇也を現地サポが絶賛!!!

加入から6試合で4ゴールと大爆発
1860ミュンヘンで好調を続けるFW大迫勇也が、ドイツ『キッカー』が選ぶブンデスリーガ2部第25節のMVPに選出された。大迫はベストイレブンにも名を連ねている。
大迫は15日に行われたエルツゲビルゲ・アウエ戦で1ゴール1アシストを記録。終了間際のアディショナルタイムに貴重な同点弾を挙げ、チームを救った。
続きを読む

【ドイツの反応】「多くの楽しみを与えてくれるだろう」大迫勇也移籍報道に興奮する現地ケルンサポーター

ドイツ『ビルト』紙によると、日本代表FW大迫勇也は間もなくケルンと3年契約を交わすことになるようだ。
2013-14シーズンにドイツ2部リーグを優勝し、来季の1部リーグ昇格を決めたケルンは、ドイツ2部の1860ミュンヘンで活躍した大迫に着目。15試合に出場し、6ゴール2アシストという結果を残した日本人ストライカーの獲得に、早い段階から興味を示していた。
現地報道によると、クラブ間の違約金は150万ユーロ(約2億1千万)で、ケルンは3年契約で大迫を迎えるという。現時点では正式発表がないものの、『ビルト』はTwitterでケルン加入が決まったと伝えており、近日中にもクラブから発表がある見込みだ。
続きを読む

チームを救う同点弾を決めた大迫勇也に現地サポが高評価!

※追記しました
サッカーのドイツ2部リーグ、1860ミュンヘンのFW大迫勇也が22日、ホームでパーダーボルン戦にフル出場し、1-2の後半41分に同点ゴールを決めた。チームは2-2で引き分けた。
ワントップでプレーした大迫は「トラップからシュートまで、イメージ通り。難しい試合だったが、そういう時こそチャンスがあると思ってやるしかない」と話した。―
続きを読む