得点

【独の反応】岡崎慎司日本人最多得点達成!㌦サポ「香川の方がチャントは歌いやすいよ」

ブンデスリーガは26日、第32節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツはホームでニュルンベルクと対戦し、2-0で快勝した。1トップで先発した岡崎は前半30分に2戦連発となる先制点。今季通算14ゴールとし、11-12シーズンにドルトムントでMF香川真司(現マンチェスター・U)が記録した13ゴールを上回り、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点記録を塗り替えた。―
ゲキサカ

続きを読む

【葡萄牙の反応】「明日が開幕戦ならスタメンだ」PSMで1G1Aした田中順也をレギュラーに推す現地サポ

スポルティング・リスボンは4日、エジプトのアル・イテハドと親善試合を行い、2-2で引き分けた。スポルティングに所属するFW田中順也は、1得点1アシストの活躍で、チームに大きく貢献している。
先発出場した田中は、前半6分にPA外でパスを受けると、反転して前を向く。左足で最終ラインの裏に浮き球のパスを送ると、走り込んだMFジョアン・マリオが右足のボレーで合わせて、1点をリードした。
前半28分、CKから追いつかれたスポルティングだが、後半37分に田中が違いを生み出す。右サイドからの低いボールをPA内で受けると、DFを背負いながら反転シュート。寄せて来た別のDFとの間にシュートを突き刺し、2-1と再びリードした。得点直後、田中はベンチに下がった。

続きを読む

【ドイツの反応】「岡崎が怖くなってきた」岡崎慎司3戦連発5ゴール目をあげる!!

※少しですが追記しました
ブンデスリーガは23日、第5節1日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツは敵地でMF長谷部誠、MF乾貴士所属のフランクフルトと対戦し、2-2で引き分けた。日本人3選手がそろって先発フル出場した一戦は、マインツ1点リードの前半44分に岡崎が3戦連発となる追加点。前半アディショナルタイムに長谷部の今季初アシストで1点を返したフランクフルトは後半37分にセットプレーから同点に追いつき、勝ち点1を分け合った。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「本田圭佑の得点が止まらない」1試合2得点で得点ランキングトップに!

※試合後の反応を追記しました
セリエAは19日、第7節2日目を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランは敵地でベローナと対戦し、3-1で勝利した。本田は前半27分に2戦連続弾となる得点を記録。さらに後半11分にも移籍後初の1試合2ゴールとなる得点を決めた。-
ゲキサカ

続きを読む

【スイスの反応】柿谷曜一朗、1得点1アシストも次の試合ではベンチになることを予想していた現地バーゼルサポ

スイス国内杯は29日、各地で3回戦を行った。FW柿谷曜一朗の所属するバーゼルは敵地でボーレン(2部)と対戦し、3-1で勝利した。公式戦4試合ぶりの先発出場となった柿谷は、前半11分に8月31日のリーグ第7節ヤングボーイズ戦以来、約2か月ぶりとなる得点を挙げると、同41分には追加点をアシスト。後半29分までプレーし、勝利に大きく貢献した。
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?150491-150491-fl
スイス・スーパーリーグは1日、各地で第13節を行った。FW柿谷曜一朗の所属するバーゼルはホームでグラスホッパー・クラブと対戦し、2-0で勝利した。先月29日の国内杯で1ゴール1アシストと活躍した柿谷はこの日ベンチスタート。最後まで出場機会はなかった。

続きを読む

【ドイツの反応】「今日の彼は黄金の価値がある」1ゴール1アシストの清武弘嗣を現地サポーターが称賛!

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは7日、第11節1日目を行い、MF清武弘嗣、DF酒井宏樹の所属するハノーファーは敵地でMF細貝萌、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦し、2-0で快勝した。清武、酒井、細貝、原口はそろって先発出場。史上初となる日本人4選手同時出場が実現した試合で清武が1ゴール1アシストを記録した。-
ゲキサカ

続きを読む