得点

【ドイツの反応】「うちを援護射撃している」岡崎慎司の2ゴールに感謝するVfBサポーター

ブンデスリーガは18日、第29節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツは敵地でフライブルクと対戦し、3-2で勝った。1トップでフル出場した岡崎は昨年9月以来、今季2度目となる1試合2ゴールを記録。今季通算12ゴールとし、チームも4試合ぶりの白星を飾った。-
ゲキサカ

続きを読む

【ポルトガルの反応】「リーグで最も効率的なFW」決勝ゴールを決めた田中順也を賞賛!

ポルトガルリーグは12日、各地で第28節を行った。FW田中順也の所属するスポルティング・リスボンは敵地でビトーリア・セトゥバルと対戦し、2-1で勝利した。田中は2月22日の第22節ジウ・ビセンテ戦以来、6試合ぶりの先発出場。前半45分には今季4点目を挙げ、勝利に大きく貢献した。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】現地1860ミュンヘンサポは大迫勇也をどう見ているのか

ドイツ2部の1860ミュンヘンが鹿島アントラーズに所属する日本代表FW大迫勇也の獲得に動いているようだ。28日付のスポーツニッポンによると、すでに水面下で獲得を打診し、正式オファーの準備を進めているという。
1860ミュンヘンは今季のブンデスリーガ2部で19試合を終えて8勝4分7敗の8位だが、1部との昇降格プレーオフに進出できる3位カイザースラウテルンとの勝ち点差はわずかに「3」しかない。今季のJ1で19得点を挙げた大迫をチームに加え、11シーズンぶりの1部復帰を果たしたいと考えているようだ。
また、9月に就任したフリートヘルム・フンケル監督は過去にブンデスリーガでFW高原直泰(現東京V)、MF稲本潤一(現川崎F)、MF乾貴士(現フランクフルト)らを指導した経験があり、日本人FWの獲得を熱望しているという。―

続きを読む

【海外の反応】長友佑都ゴール!インテリスタは高評価を与える!(キエーボ戦)

セリエAは13日、第19節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでキエーボと対戦し、1-1で引き分けた。長友は4試合連続のフル出場を果たすと、前半12分に同点ゴールを奪う活躍を見せた。しかしチームは格下相手に勝ち点1を挙げるにとどまっている―
ゲキサカ

続きを読む