得点

【ドイツの反応】「うちのが本物のシンジだ」岡崎慎司2戦連発で“シンジダービー”を制す!!

※少しですが追記しました
ブンデスリーガは20日、第4節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツはホームでMF香川真司の所属するドルトムントと対戦し、2-0で勝った。岡崎は1トップでフル出場し、後半21分に2戦連発となる決勝点。香川はトップ下で先発したが、得点に絡めず後半20分に途中交代となり、ドイツ国内でも注目を集めた“シンジ対決”は岡崎に軍配が上がった。ドルトムントは3試合ぶりにベンチ入りしたMF丸岡満が後半35分から途中出場し、ブンデスリーガデビューを果たしている。-
ゲキサカ
続きを読む

【海外の反応】また岡崎慎司に得点を決められた現地シュツットガルトサポ「知ってた」

ブンデスリーガは25日、ウインターブレイクを挟んで後半戦初戦となる第18節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツは敵地でDF酒井高徳の所属するシュツットガルトと対戦し、2-1で逆転勝ちした。岡崎は2トップの一角、酒井は右SBでともにフル出場。前半39分、酒井のミスから岡崎が2戦連発となる同点ゴールを決めた。―
ゲキサカ

続きを読む

【オランダの反応】「トップストライカーだ」2ゴールのハーフナー・マイク、ベストイレブンに選出!

エールディビジは27日、第7節を行い、FWハーフナー・マイクの所属するADOデンハーグはホームでエクセルシオールと対戦し、3-3で引き分けた。6試合連続のフル出場となったハーフナーは今季初の1試合2ゴールをマーク。今季出場6試合で通算5ゴールとなった。
前半7分、左サイドからのクロスにニアサイドへ走り込んだハーフナーが滑り込みながら右足アウトサイドで合わせ、2戦連発となる先制点。その後、点を取り合い、2-2で迎えた後半20分に再びハーフナーがゴールを奪う。右クロスに今度はファーサイドから走り込むと、倒れ込みながら右足でゴールに押し込み、3-2とみたび勝ち越した。
ところが後半36分に3失点目を喫し、またしても追いつかれた。結局、試合は3-3のドロー。ADOデンハーグは連敗を3で止めたものの、これで5試合勝ちなし(2分3敗)となった。-
続きを読む

【海外の反応】浅野の2ゴールが早速アーセナルサポーターの間で話題に!

鹿島アントラーズが敵地でサンフレッチェ広島に で勝利した。前節のG大阪戦に敗れ、第2ステージまさかの黒星発進となっていた鹿島だが、第2ステージ初勝利は快勝で飾った。広島は連勝が3でストップ。7戦ぶりの黒星を喫した。
最初の得点は前半33分に決まった。DF塩谷司のミスを見逃さなかったFW金崎夢生がボールを奪ってシュート。GK林卓人に弾かれたが、こぼれ球をMF遠藤康が押し込み、鹿島が先制に成功した。
後半は怒涛のゴールラッシュとなる。まずは4分、金崎がゴール中央からシュートを蹴り込み、鹿島が追加点を奪うと、同9分には負けじとMF丸谷拓也のスルーパスに反応したMF浅野拓磨がゴールネットを揺らし、広島が1点を返す。
続きを読む