日本

【海外の反応】「日本が本領を発揮した」日本代表、武藤と塩谷のゴールで逆転勝利!3連勝で首位突破!

※追記しました
アジアカップは17日、グループFの第3節を行い、日本代表はUAE・アルアインのシェイク・ハリファ国際スタジアムでウズベキスタン代表と対戦し、2-1で逆転勝ちした。前半40分に先制を許したが、同43分にFW武藤嘉紀のゴールで追いつくと、後半13分にDF塩谷司が勝ち越しゴール。逆転勝利で3連勝を飾り、首位通過を決めた。21日の決勝トーナメント1回戦ではサウジアラビアかカタールと対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264436-264436-fl

続きを読む

「日本が勝つ」「負けるかも」日本代表対サウジアラビアを海外のファンはどう見ているのか?【海外の反応】

AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦の日本代表の対戦相手がサウジアラビア代表に決まった。
グループFの日本は17日にウズベキスタン代表との首位決戦に2-1で勝利し、1位通過が決定。一方、同日行われたグループE第3節では、カタール代表が2-0でサウジアラビア代表に勝利を収めた。この結果、カタールが首位、サウジアラビアが2位でグループステージを突破。日本はE組2位のサウジアラビアと8強進出をかけて対戦することとなった。
日本とサウジアラビアは過去に13回対戦し、日本の8勝1分4敗。ただ、直近の試合では2017年9月5日に行われたワールドカップ予選で0-1と敗れている。

続きを読む

【海外の反応】「日本対韓国の決勝だ」アジア杯決勝トーナメントの組み合わせを見て予想する海外のファン

アジアカップ2019は17日にグループリーグの全日程が終了。決勝トーナメントを戦う16カ国が出揃った。
3連勝でF組首位で通過した日本は、ラウンド16でE組2位のサウジアラビアと対戦。サウジアラビアとは通算で13回対戦しており、日本は8勝1分4敗と大きく勝ち越している。しかし、直近では17年9月に行われたロシアW杯アジア最終予選で対戦し、0-1で敗れている。
日本はこの後、アル・アインからシャールジャに移動し、21日にサウジアラビアと対戦。勝利すると24日の準々決勝でヨルダンvsベトナムの勝者と対戦する。

続きを読む

外国人「日本代表がコパ・アメリカで優勝する可能性はどれくらいあると思う?」【海外の反応】

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、今年6月からブラジルで開催するコパ・アメリカのポット分けを発表した。組み合わせ抽選会は24日にリオ・デ・ジャネイロで実施される。
同大会は6月14日から7月7日にかけて開催。日本代表はカタール代表とともに招待国として、1999年大会以来20年ぶり2度目の出場が決まっている。
ポット分けは最新のFIFAランキングを基に行われ、ポット1にはブラジル代表、ウルグアイ代表、アルゼンチン代表が入った。日本はベネズエラ代表、パラグアイ代表と同じポット3。なお、ポット3の日本とポット4に入ったカタールは招待国のため、グループリーグで同組になることはないという。

続きを読む

【海外の反応】「日本、よくやった」日本代表、冨安のゴールでサウジアラビアに辛勝!ベスト8進出決定!

※追記しました
アジアカップは21日、決勝トーナメント1回戦を行い、日本代表はUAEのシャルジャ・スタジアムでサウジアラビア代表と対戦した。前半20分に決まったDF冨安健洋のA代表初ゴールが決勝点となり、1-0での勝利でベスト8に進出。24日に行われる準々決勝ではベトナムと対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264670-264670-fl

続きを読む

【海外の反応】「腕が落ちた」日本代表対サウジを担当した名審判イルマトフに批判の声!

日本代表MF原口元気が、アジアカップ2019ラウンド16のサウジアラビア代表戦後、この試合を裁いた主審のレフェリングについて言及した。
ベスト8入りを懸けてサウジアラビアと対戦した日本は、20分に柴崎岳のCKから冨安健洋の代表初ゴールで先制。後半、日本は耐える時間が続くも、気迫の守備を見せて相手をシャットアウトし、ベトナム代表が待つ準々決勝に進出した。
ウズベキスタン人のイルマトフ氏は、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)や2014年のブラジルW杯、2018年のロシアW杯で複数試合の主審を務めるなど、アジア屈指の名レフェリーとして知られているが、原口は「(ボールを)取りに行ったら、全部ファウルになる。でも見てもらったら分かると思いますが、まあ普通じゃないかなと」と、強度の高い守備を見せるとFKを取られるリスクがある中でのプレーに苦しんだ様子をのぞかせた。それでも、「彼ら(サウジアラビア)の間合いも、最初はなかなか掴めなかったですが、20分くらいからチーム全体としても僕としてもうまくアジャストできたかなと思います」と語り、チームとして“我慢の守備”ができたことには一定の満足感を示した。

続きを読む

【海外の反応】「いいぞ」中島翔哉、カタールから関心も欧州でのプレー希望!

中東カタールのクラブから関心が寄せられていると伝えられた中島翔哉。すでにクラブ間で移籍合意しているとの報道もあったが、本人はあくまでヨーロッパでプレーしていくつもりのようだ。
ポルトガルメディア『Record』は、カタールのレフウィヤSCへの移籍話が取り沙汰されている中島について「ナカジマはヨーロッパでプレーするつもりだ」という見出しで、本人が中東行きを否定したと強調した。
「日本のウイング、中島は日本のTV番組の取材に応じ、レフウィヤSC行きを否定した。本人は『今の段階ではヨーロッパでプレーし続けるつもりです』と明言している」

続きを読む

【海外の反応】「日本の方が強いが..」日本代表対ベトナムを海外のファンはどう見ているのか?

今日24日にアジア杯準々決勝でベトナムと対戦する日本代表が、前日会見と前日練習に臨んだ。
過去の対戦成績は3戦全勝、FIFAランクでもベトナムを大きく上回るが、MF柴崎とともに会見に出席した森保一監督(50)が「明日の試合も厳しい試合になることを覚悟して、相手に敬意を払って、かつ最大の力を発揮することを求めていきたい」と隙は見せなかった。
それでも中2日のハードな日程も考慮し、先発メンバーに多少の手を加えることが予想される。指揮官は「なかなかお答えできないので皆さんの予想でお願いします」と明言は避けたが、右臀部(でんぶ)痛で3試合欠場していたFW大迫は前日22日にフルメニューをこなしたことで先発復帰の可能性も。大会規定により準決勝で累積警告がリセットされることもあり、サウジアラビア戦のフィールド先発選手で警告を受けているMF南野、MF堂安、DF酒井が控えに回ることもあり得る。

続きを読む

【海外の反応】「日本が上だった」日本代表、堂安のPK弾でベトナムに辛勝!ベスト4進出決定!

※追記しました
アジアカップは24日、準々決勝を行い、日本代表はUAE・ドバイのアルマクトゥームスタジアムでベトナム代表と対戦し、1-0で競り勝った。前半24分、DF吉田麻也の得点がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助言を受けて取り消されたが、後半12分、今度はVARにより獲得したPKをMF堂安律が沈めた。日本は28日の準決勝で中国対イランの勝者と対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264850-264850-fl

続きを読む