日本

【海外の反応】「(日本の)C組は厳しい」コパアメリカ組み合わせ決定!ウルグアイ、チリ、エクアドルと同組に!

※追記しました
南米サッカー連盟(CONMEBOL)は24日(日本時間25日)、今年6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカの組み合わせ抽選会を行い、日本代表はウルグアイ代表、エクアドル代表、チリ代表と同組のグループCに決定した。
同大会は6月14日から7月7日にかけて開催。日本代表はカタール代表とともに招待国として1999年大会以来20年ぶり2度目の出場が決定している。

続きを読む

【海外の反応】「俺の夢が実現する!」JリーグがFIFA17に?EAとのパートナー契約発表に歓喜する海外のJリーグサポーター

Jリーグは18日、Electronic Arts Inc.とJリーグトップパートナーを締結したことを発表した。
同社とJリーグは今年度から新たに契約を締結したことになる。
Electronic Arts Inc.はアメリカを拠点とする大手ビデオゲーム・コンピューターゲーム会社で、サッカー関連ゲームでは同社のスポーツゲームブランドであるEAスポーツから『FIFA』シリーズを開発・製作。同シリーズはFIFA(国際サッカー連盟)公認のサッカーゲームとして知られ、現在はPlayStation4などで展開している『FIFA16』や、スマホゲーム『FIFAワールドクラスサッカー2016』が最新作となっている。

続きを読む

【海外の反応】「日本が最後の希望だ」アジア杯ベスト4が決定!中東から3カ国が残る

アジアカップは25日、アルアインのハッザーア・ビン・ザイード・スタジアムで準々決勝を行い、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏率いる開催国UAEが前回王者のオーストラリアを1-0で下した。29日の準決勝ではカタールと対戦する。
死闘を制した開催国UAEは前回大会に続いて2大会連続での4強進出。この結果によってベスト4がすべて出そろい、残された日本、イラン、カタール、UAEが優勝を争う。準決勝は28日に日本対イラン、29日にカタール対UAEが行われる。
準決勝の日程は以下のとおり(キックオフ時刻は日本時間)

続きを読む

【海外の反応】「日本に勝てる」日本代表戦に自信をみなぎらせるイラン人サポーター

◆イランの“無双”アラカルト
▽対アジア勢公式戦39戦無敗 12年11月14日のブラジルW杯最終予選ウズベキスタン戦を最後に、約6年間39試合無敗を継続中。
▽4年間で1敗のみ 15年アジア杯以降、公式戦30試合で20勝9分け1敗。唯一の負けはロシアW杯1次リーグのスペイン戦で0―1の惜敗だった。ロシアW杯予選は2次、最終の合計で12勝6分け。世界最速でW杯出場を決めた。

続きを読む

【海外の反応】「日本は強い」日本代表、大迫と原口のゴールでイランに快勝!アジア杯決勝進出決定!

※追記しました
アジアカップは28日、アルアインのハッザーア・ビン・ザイードスタジアムで準決勝を行い、日本代表はイラン代表に3-0で勝利した。右臀部痛から待望の先発復帰を果たしたFW大迫勇也が貫禄の2ゴール。2月1日の決勝ではカタール対UAEの勝者と対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?265114-265114-fl

続きを読む

【海外の反応】「日本がナンバーワンだ」日本代表、イラン撃破でアジアのファンから賞賛殺到!

現地時間1月28日、UAEのハッザ・ビン・ザイードスタジアムで、アジアカップの準決勝が行なわれ、日本代表がイラン代表を3-0で撃破。まさに手に汗握る攻防戦をサムライ戦士たちが制した。
アジア最強の呼び声が高かったイランを3-0で破り、8年ぶりの大会制覇へあと一歩のところまで辿り着いた森保ジャパンに対し、海外メディアも賛辞を贈っている。
世界的ネットワーク『Fox Sports』のアジア版は、この試合をレポートした速報記事内で、「サムライブルーが今大会最初のファイナリストとなった。彼らはこの夜、イランを完璧に葬り去った。なんてパフォーマンスだ!」と日本を激賞。さらに大迫の得点シーンについては次のように描写した。

続きを読む

【海外の反応】「信じられない」日本代表、カタールに敗れアジアカップ制覇ならず

※追記しました
アジアカップ決勝が1日、UAE・アブダビのザイードスポーツシティ・スタジアムで行われ、日本代表はカタール代表に1-3で敗れた。前半12分、27分に連続失点すると、後半24分にMF南野拓実の今大会初ゴールで1点を返すが、後半38分、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助言から与えたPKで3失点目を喫した。2大会ぶりのアジア王者奪還を目指した日本だが、5回目の決勝進出で初の準優勝。森保一監督は就任後12試合目で初黒星となった。カタールは初の決勝進出で初優勝を飾り、自国開催の22年W杯に向けた強化が初のアジア制覇という形につながった。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?265387-265387-fl

続きを読む