日本

【海外の反応】「馬鹿げてる」吉田麻也へのPK判定に海外から批判続出!

史上最多5度目の戴冠を狙った日本代表の野望は、あと一歩のところでついえた。2月1日にUAE・アブダビで行なわれたアジアカップ2019決勝でカタール代表と雌雄を決し、結果は1-3の敗北。前半に奪われたふたつの得点がともにスーパーショットだったとはいえ、90分間を通して攻守両面に課題が残るパフォーマンスだった。
その大一番で日本のファンを落胆させたのが、83分のVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定だろう。カタールのCKからアブデルカリム・ハサンがヘディングシュート。これが競り合った吉田麻也の左腕に当たり、ウズベキスタン人のラブシャン・イルマトフ主審はVARをコールする。はかなくもPKとジャッジされてカタールが3点目を奪い、0-2から1点を返して勢いに乗っていた日本はとっては痛恨の失点となった。
結果的にハサンのシュートを吉田が手でブロックしたのは事実であり、日本では「致し方なし」と見る向きが強いが、海外のファンはどう感じたのだろうか。世界的ネットワーク『Fox Sports』アジア版が拾ったのはまさに彼らの声で、意外にも批判的な意見が殺到しているのだ。同メディアは「ファンは日本を殺す一撃となったVARを批判」と題し、SNS上に飛び交う同情的かつ懐疑的な見解を掲載している。

続きを読む

【海外の反応】「日本人になりたい」日本代表、アジア杯決勝後ロッカールーム清掃とメッセージ!世界が絶賛!

AFCアジアカップUAE2019・決勝戦が2月1日に行われ、日本代表はカタール代表に1-3で敗れた。試合後、アジアカップの公式Twitterが日本代表のロッカールームが綺麗に掃除されていたことと、メッセージが残されていた様子を伝えている。
同大会の公式Twitterは2月2日、「日本代表はロッカールームを綺麗に掃除し、英語、アラビア語、日本語で感謝のメッセージを残して大会を去りました」とツイート。このツイートには、ゴミが全くない綺麗な状態のロッカールームに、上記の3言語で書かれたメッセージが残されている写真が添付されていた。
日本代表は昨年行われた2018 FIFAワールドカップ ロシアでも同様の行動を取り、話題となっていた。決勝トーナメント1回戦のベルギー代表戦終了後、試合に敗れた日本代表はロッカールームを清掃し、ロシア語で「ありがとう」と書かれたメモを残してスタジアムを後にしていた。この様子を清掃担当のスタッフがSNSで伝え、世界中から称賛されていた。

続きを読む

【海外の反応】「Jリーグってどれくらい強いの?」Jリーグ対MLSの対決をアメリカ/カナダ人はどう見たのか?

現地時間1月31日(木)19:00[日本時間2月1日(金)12:00]より、アンドレス・イニエスタやダビド・ビジャが所属するヴィッセル神戸がUSAツアー第2戦、ロサンゼルスFCとのプレシーズンマッチを行い、4-1で敗れた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00010009-sportes-socc

続きを読む

【海外の反応】「日本はラッキーだ」日本代表、原口のPK弾でオマーンに辛勝..

※追記しました
アジアカップは13日、グループリーグF組の第2節を行い、日本代表はアブダビのザイード・スポーツ・シティ・スタジアムでオマーン代表と対戦した。前半28分、FW原口元気が先制点のPKを決め、そのリードを最後まで守り切って1-0で勝利。2連勝で決勝トーナメント進出を決定させ、16日の第3戦では首位通過をかけてウズベキスタン代表と対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264132-264132-fl

続きを読む

【ドイツの反応】「理解できる」大迫勇也、コパアメリカ欠場へ..アジア杯酷使にブレーメンが異例の招集拒否文書

ドイツ1部ブレーメンは12日、所属するFW大迫勇也(28)について、日本代表が招待出場する6月開幕の南米選手権(ブラジル)への派遣をしないと発表した。既に日本サッカー協会にも伝えたとしている。大迫は日本が準優勝したアジア杯(UAE)で4試合4得点とエースの存在感を発揮したが、ブレーメンでは背中の痛みを訴えて5日のドイツ杯3回戦と10日のリーグ戦アウクスブルク戦でベンチ外となっていた。
日本協会とブレーメンの間に火種が生まれた。ブレーメンは公式サイトで強化責任者のバウマン氏の声明を発表。大迫が出場したアジア杯決勝でけがを悪化させた形跡はないが、クラブに合流後は公式戦2試合を欠場している状況を報告した。同氏は「困惑している」と批判すると同時に、6月の南米選手権は休養優先で派遣しないことを決めた。13日朝、同選手権の派遣を拒否するメールが日本協会に届いた。
大迫は昨年12月末のリーグ戦で右でん部を痛めた。UAE入り後の1月6日にチーム全体練習に合流し、初戦のトルクメニスタン戦(同9日)に先発出場。2得点の活躍と引き換えに、でん部の痛みを再発させ、別調整に入った。ただ、森保一監督(50)は「メディカルからの報告で大会期間中には回復できる」と治療を続け、準決勝イラン戦、決勝カタール戦でフル出場した。

続きを読む

【海外の反応】「日本は進んでいるな」イニエスタが日本への適応に苦労した理由が話題に!

ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタは、日本での半年間が自身の想像よりも難しいものだったと認めた。
バルセロナやスぺイン代表で数々の栄光を手にしたイニエスタ。2017-18シーズン終了後にファーストチームの選手として16シーズンを過ごしたバルセロナから退団した同選手は、Jリーグのヴィッセル神戸に新天地を求めた。
ヴィッセル神戸に加入以降、リーグ戦14試合に出場して3ゴール3アシストを記録するなど随所でワールドクラスのプレーを見せてきたイニエスタだが、チームは一時降格争いに巻き込まれるなど期待に応えられなかったデビューシーズンとなってしまった。そんな中、元スペイン代表MFは新シーズンを前に、日本での半年間を『Esquire』で振り返った。

続きを読む