日本

【海外の反応】「日本はアジアのスペインだ」日本代表の戦いに世界から称賛の嵐!

日本代表の戦いぶりに、海外からも称賛の声が上がっている。元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、自身のSNSで褒め称えている。
日本代表は、24日に行われたロシア・ワールドカップでセネガルと対戦した。2度リードを許す展開となったが、乾貴士と本田圭佑のゴールで追いつき、2-2の引き分けで試合を終えた。
スペインの記者などから「日本には根性があった」「W杯最高の試合の一つ」との声が上がるなど、日本のパフォーマンスに多くの称賛の声が上がっている。

続きを読む

【海外の反応】「日本に驚かされた」日本代表、コロンビアに勝利!世界が絶賛!

※追記しました
日本代表は19日、ロシアW杯のグループリーグ初戦でコロンビア代表と対戦し、2-1で競り勝った。前半6分、MF香川真司のPKで先制。同39分に直接FKで追いつかれたが、後半28分、CKからFW大迫勇也が決勝ヘッドを決めた。前回大会8強、FIFAランキング16位のコロンビアを倒す金星。初戦で大きな勝ち点3をもぎ取った日本は24日の第2戦でセネガルと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-01655281-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「日本が歴史を作った」日本代表の大金星に世界から鳴り止まない絶賛の声!

日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に臨み、大きな勝ち点3を手にした。前半6分にMF香川真司がPKを決めて先制し、後半28分にFW大迫勇也が決勝ゴールを奪って2-1で勝利。海外メディアは「日本が歴史的勝利」「コロンビアが日本戦でハラキリ」「ユウヤ・オオサコが衝撃の勝利をもぎ取る」と称賛している。
W杯史上、アジア勢が南米相手に飾った記念すべき初勝利を、海外メディアも高く評価した。
米テレビ局「CNN」は、「日本が10人のコロンビア相手に歴史的勝利」と速報。「数多くの話題をもたらす試合だった。W杯初レッドカード、ペナルティー(キック)、クレバーなFK、そしてコロンビア相手の日本の歴史的な初勝利」と記し、通算4回目の直接対決で手にした白星を「完璧」と称えている。

続きを読む

【海外の反応】「日本を尊敬するよ」日本代表、セネガルと価値あるドロー!世界が称賛!

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が24日に行われ、日本代表とセネガル代表が対戦した。
コロンビア代表との第1戦に勝利した日本は大迫勇也が最前線に入る4-2-3-1の布陣。初戦と同じ11名でセネガル戦に臨む。一方ポーランド代表を2-1で下したセネガル代表はスタメンを1名変更。マメ・ビラム・ディウフに代えて、バドゥ・エンディアイェがスタメンに入った。
立ち上がり11分、左サイドからのクロスを原口元気がヘディングでクリアするも、フリーで待ち構えていたユスフ・サバリがシュートを放つ。GK川島永嗣のパンチングがゴール前にいたサディオ・マネに当たってゴールイン。セネガルに先制を許す。

続きを読む

【海外の反応】「日本、ブラボーだ」日本代表を応援するカエルの一平くんが外国人から好評!

現地時間19日にロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節の試合が行われ、日本代表はコロンビア代表と対戦し2-1の勝利をおさめた。金星を挙げたことで様々な海外メディアに取り上げられている日本代表だが、米国メディア『SB Nation』は別のものに注目している。
日本が73分、大迫勇也の追加点で勝ち越した時、同メディアはツイッターを通じて「GOOOOOOOOOOAL」とつぶやくと同時に、愛媛FCの熱烈サポーターである「一平くん」の写真を掲載した。マスコットキャラクターである「一平くん」は、愛媛FCの試合だけでなく日本代表の試合にも駆けつけたことがあるが、今回はW杯開催中のロシアに飛んでいる。
そのため、偶然にも日本代表を応援する姿が撮影された。これを発端に、今度は「what is that(あれは何ですか)」とツイートし、「frog(カエル)とgecko(ヤモリ)」の二つの選択肢を用意して、アンケートを実施している。

続きを読む

【海外の反応】日本代表・西野監督のジョークが外国人に大ウケ!

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦のセネガル戦を前に、日本代表の西野朗監督が意気込みを語った。
「アフリカのチームは、フィジカルを警戒しなければいけない。そこをまず最初に考えますが、今回のセネガル代表は肉体的な強さだけではないです。非常に組織化されているチーム。自分たちの攻撃権を得るための訓練されたディフェンスがあると思っています」
セネガル戦勝利するために何か計画があるか聞かれた西野監督は

続きを読む