本当

【ドイツの反応】「つらい..」宮市亮の前十字靱帯断裂に激しく落胆する現地ザンクトパウリサポ

ブンデスリーガ2部のザンクトパウリは23日、同クラブに所属するFW宮市亮が負傷したことを発表した。同クラブ公式HPが伝えている。
発表によると、宮市は18日に行われた親善試合ラージョ・バジェカーノ戦で負傷。左ひざ前十字じん帯の断裂で23日に手術を受け、長期離脱を強いられる模様となっている。
現在22歳の宮市は、2010年12月に中京大中京高校からアーセナルへ加入。フェイエノールトやボルトン、トゥエンテなどへのレンタル移籍を経験し、先月18日にザンクトパウリと3年契約を結んでいた。-
続きを読む

【海外の反応】「鳥肌が..」仏レキップ紙の心温まる一面が話題に

注目を集めたウェンブリーでのイングランド対フランス戦は、試合前に全観客によってフランス国歌が斉唱されるなどこちらもテロの影響が色濃く残るなかで行なわれ、試合はイングランドが2-0の勝利。19歳のデル・アリ、ベテラン・ルーニーによるゴールの競演が見られた。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151118-00010014-sdigestw-socc
※イングランド対フランスの試合後の仏レキップ紙の一面
続きを読む

【海外の反応】「英雄的だ」吉田麻也、歴史的勝利に貢献!絶賛の嵐!(リバプール戦)

※追記しました
25日、EFLカップ準決勝セカンドレグが行われ、リヴァプールとサウサンプトンが対戦した。
ファーストレグをホームで1-0と勝利したサウサンプトンは、DFビルヒル・ファン・ダイクが負傷で欠場。その代役には若手DFジャック・スティーブンスが起用され、相方を務めるのは吉田麻也だ。一方のリヴァプールは最前線にダニエル・スタリッジを起用。右サイドバックにはアレクサンダー・アーノルドが入り、ゴールマウスはロリス・カリウスが守っている。
続きを読む

【ドイツの反応】「つらい」「代表戦を廃止しろ」大迫の怪我に落胆と怒りをにじませる現地ケルンサポーター

※タイトル変更しました
ペーター・シュテーガー監督とチームメートが日本代表FW大迫勇也の離脱を嘆いた。地元紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』が報じている。
大迫は23日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦で負傷した。ケルンに戻り精密検査を受けた結果、左ひざ関節包の負傷が明らかとなり、4月1日から8日にかけて行われるブンデスリーガ3連戦の欠場が決定的となった。シーズン後半戦、4ゴール4アシストを記録するなど好調を維持していただけに、戦線離脱はチームにとって大きな痛手となりそうだ。指揮官は以下のようなコメントを残している。
続きを読む

【ドイツの反応】「オファーが来なかったら驚く」大迫、バイエルン相手に孤軍奮闘!移籍の可能性を予感する現地ケルンサポも

ケルンは4日に行われたブンデスリーガ第3節のバイエルン・ミュンヘン戦を0-3と落とした。だが、そのなかでドイツメディアはFW大迫勇也にケルンのチーム最高の評価を与えている。
大迫は19分、この一戦でケルン最大の好機を迎えるなど何度か見せ場をつくっていた。ここ最近圧倒的な強さを見せるバイエルン相手には、チームとともに守備に回ることも多かったが、ゴールを狙い続ける姿勢はメディアでも評価されたようだ。
ドイツ紙『ビルト』は、大迫、DFネヴェン・スボティッチ、FWアンソニー・モデストの3人にチームベストタイの「3」をつけている。マッチレポートでは大迫のヘディングシュートをバイエルンGKマヌエル・ノイアーが「世界級のセーブ」で阻止したと伝え、また50分にはPKを与えられるべきだとした。
続きを読む

【海外の反応】「脱帽だ」本田圭佑、フリーキックから今季初ゴール!ミランサポから称賛殺到!

※追記しました
ミランに所属する日本代表MFの本田圭佑が21日に行われたセリエA第37節のボローニャ戦で今シーズン初となるゴールを決めた。
ベンチスタートとなった本田は58分から途中出場すると、迎えた73分にみせた。ゴール正面やや左の位置でFKのチャンスを得ると、本田が左足を振り抜く。ファーサイドに巻いたボールはGKの手をすり抜け、ゴールネットに吸い込まれた。
続きを読む

【ドイツの反応】「言葉が出ない」宮市亮、2度目の前十字靭帯断裂に落胆する現地ザンクトパウリサポ

ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリ所属のFW宮市亮がまたも大きな試練に見舞われた。同クラブの発表によると、宮市は28日の午前中に行われたトレーニングで重傷を負ったという。
ザンクト・パウリは28日、宮市が同日の練習で他選手と競り合った際、右ひざに重傷を負ったと発表。チームドクターが検査したところ、前十字じん帯の断裂が判明。来週には十字じん帯の専門医の下で手術を受けることになり、数カ月の離脱を強いられることになったと伝えている。
宮市は2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに加入。加入直後にもプレシーズンマッチで左ひざ前十字じん帯を断裂し、ドイツでのデビューシーズンのほとんどを棒に振っている。そして、2016-17シーズンはリーグ戦17試合に出場した宮市だが、ザンクト・パウリでの3シーズン目となる新シーズンも大きく出遅れることになった。
続きを読む

【海外の反応】「乾杯だ」吉田麻也が3年契約延長!祝福の声が現地セインツサポから殺到!

※追記しました
サウサンプトンは24日、日本代表DF吉田麻也(29)との契約を2020年夏まで3年間延長することをクラブ公式サイトで発表した。
2007年にJリーグの名古屋でプロキャリアを始めた吉田はオランダのVVVを経て、2012年8月にサウサンプトンへ加入。今年4月に日本人選手として初のプレミアリーグ100試合出場を達成するなど、これまでクラブ通算138試合に出場し、7得点を記録している。
続きを読む