清武

【スペインの反応】「並外れている」清武、絶妙股抜きアシスト!セビージャは数的優位生かせずエイバルとドロー

リーガ・エスパニョーラ第4節2日目が17日に行われ、MF乾貴士が所属するエイバルとMF清武弘嗣が所属するセビージャが対戦して1-1で引き分けた。乾は2試合連続ベンチ外となり日本人対決は実現しなかったが、先発フル出場した清武は前半27分に先制点をお膳立てして、今季2アシスト目を記録した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-01631336-gekisaka-socc

続きを読む

【ドイツの反応】アシストで貢献した大迫、清武、岡崎への現地サポーターの評価は分かれる

週末にブンデスリーガ1部の第12節、2部の第13節が行われた。24日発売のドイツ紙『キッカー』は、採点を掲載。日本代表で初得点を挙げたフランクフルトのMF乾貴士は、勢いそのままに今季初ゴール。
マインツのFW岡崎慎司は無得点ながらもアシスト、ハノーファーのMF清武弘嗣、ケルンのFW大迫勇也もアシストを記録し、2部でもボーフムのMF田坂祐介がアシストを記録している。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141124-00010034-footballc-socc

続きを読む

【ドイツの反応】「今日の彼は黄金の価値がある」1ゴール1アシストの清武弘嗣を現地サポーターが称賛!

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは7日、第11節1日目を行い、MF清武弘嗣、DF酒井宏樹の所属するハノーファーは敵地でMF細貝萌、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦し、2-0で快勝した。清武、酒井、細貝、原口はそろって先発出場。史上初となる日本人4選手同時出場が実現した試合で清武が1ゴール1アシストを記録した。-
ゲキサカ

続きを読む

【ドイツの反応】「ついにキヨが最高のプレーを」清武弘嗣の美しいフリーキック弾を現地サポはどう見たのか?

ブンデスリーガは25日、第9節を行い、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーは敵地でMF香川真司の所属するドルトムントと対戦し、1-0で競り勝った。清武は後半16分に直接FKで決勝点。移籍後初ゴールでチームを4試合ぶりの勝利に導いた。
ブンデスリーガ公式サイトはこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに清武を選出。「直接FKでハノーファーでの初ゴールを決めた。この日の決勝点を決めるのに、枠内シュート2本で十分だった」と評価した。
ドイツ紙『ビルト』は清武に2点の高評価。最高点は再三の好セーブを見せたGKロン・ロバート・ツィーラーの1点だった。なお、後半21分から途中出場した香川には4点を付けている(採点方式は1~6で評価され、1が最高点、6が最低点)。-

続きを読む

【スペインの反応】清武に対して現地セビージャサポの意見は真っ二つに「プレーしない理由が分からない」「分かる」

26日に行われたリーガエスパニョーラ第13節でセビージャはバレンシアに2-1の勝利。日本代表の清武弘嗣はリーグ戦9試合ぶりの出場となった。清武についてホルヘ・サンパオリ監督がコメントしている。セビージャ公式サイトが伝えている。
ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグユベントス戦で敗れたあとだっただけに、サンパオリ監督は「この3ポイントは重要だ」とし、「チームにフレッシュさを求め、オフェンシブな選手を選んだ」と人選の理由を語っている。
後半開始から投入され、先制点となったオウンゴールのクロスに繋がるパスをビトロへ出した清武には「エスクデロに負傷があり、交代を決断した。我々は清武に賭けた。彼のパフォーマンスは決定的だった。彼を信頼しているし、チームの中で重要な役割を持っている」と信頼とチームにおける居場所を示した。

続きを読む

【ドイツの反応】「ワールドクラスだった」今季初ゴールの清武を現地ハノーファーサポが絶賛!

※試合後の反応を追記しました、タイトルを変更しました
MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーは、26日に行われたブンデスリーガ第7節でヴォルフスブルクと対戦し、1-1の引き分けに終わった。試合後、ドイツ紙『ビルト』が両チームの採点を掲載している。
試合は、40分にオランダ代表FWバス・ドストのゴールでヴォルフスブルクに先制を許したハノーファーだったが、後半の57分に清武が今シーズン初得点となる同点ゴールを獲得。そのまま1-1の引き分けに終わり、ハノーファーは第2節から続いた連敗を5でストップした。

続きを読む

【ドイツの反応】「清武のクオリティは申し分がない」現地ヘルタベルリンサポが考える清武弘嗣移籍の噂

セビージャに所属する日本代表MFの清武弘嗣に対し、ヘルタ・ベルリンが興味を示しているとドイツ誌『キッカー』が報じている。
清武はセビージャで満足な出場機会を得られていない。21日に行われたコパ・デル・レイでは相手が格下だったこともあってフル出場を果たしたが、リーガ・エスパニョーラではほとんどチャンスを得られていない。クラブが外国人枠を埋めている清武を放出して新たにストライカーを補強するという情報もあり、移籍のうわさが絶えない状況にある。
原口元気が所属するヘルタ・ベルリンはここ数週間、清武の状況を注視しているようで、1月の移籍市場で獲得に乗り出す可能性があるという。すでに清武の周辺にいる関係者に興味を持っている趣旨を伝えているという話もある。

続きを読む

【海外の反応】「日本代表のダブル補強?」清武にもアメリカ移籍の噂..資金潤沢なクラブが高年俸を準備か

セビージャMF清武弘嗣にアメリカ行きの可能性が浮上している。スペイン『デスマルケ』が報じた。
欧州では冬の移籍市場が3日後から開かれる。清武はセビージャの放出候補の一人と目され、去就に注目が集まっているところだ。
最近ヘルタ・ベルリンやケルンからの関心が取りざたされている清武だが、ここに来てアメリカのシアトル・サウンダーズが獲得に興味を示しているようだ。シアトルは資金力のあるクラブで、高額な年俸を賄う準備があるとされている。

続きを読む

【ドイツの反応】清武、ゴールで1部残留に大きく貢献!大迫は今季3点目で高評価を得る!

ブンデスリーガは23日、第34節を行い、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンはホームでボルフスブルクと対戦し、2-2で引き分けた。大迫はフル出場し、1ゴール。3試合連続で先発した長澤は後半25分までプレーし、ともに1部初挑戦のシーズンを締めくくった。-
ゲキサカ

続きを読む

【米国の反応】「並外れた補強になる」清武獲得の噂に興奮を隠せない現地シアトルサポーター

セビージャに所属する日本代表MF清武弘嗣の新天地候補に、アメリカのクラブが浮上しているようだ。イタリアメディア『MLSSoccerItalia.com』は17日、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のシアトル・サウンダーズが同選手の獲得を画策していると報じた。
同メディアによると、シアトル・サウンダーズが清武の獲得を画策し、契約締結を目指しているという。同クラブは、清武の代理人が同選手にアメリカ行きを説得することを期待していると伝えられている。
リーガ・エスパニョーラでは第18節終了時点で4試合出場(先発は3試合)1ゴールにとどまっている清武。第5節以降は途中出場が1試合のみと、ピッチから遠ざかる日々が続く。日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンや同FW大迫勇也のケルンなど、複数の新天地候補を取り沙汰される中、今度はMLS移籍の可能性を報じられた。今後の動向に注目が集まる。-

続きを読む