監督

【フランスの反応】「レジェンドだ」元日本代表監督ハリル氏、古巣ナントの指揮官就任決定!現地サポは歓迎も前途多難を予感!?

リーグ・アンのナントは2日、元日本代表指揮官のバヒド・ハリルホジッチ氏が新監督に就任すると発表した。契約期間は2020年6月までの約2年間。同日午後からのトレーニングに合流し、7日に行われるリーグ第9節のボルドー戦からベンチ入りするという。
ナントは今季のリーグ・アンで19位に沈んでおり、同日、今季から就任したポルトガル出身のミゲル・カルドーソ監督との契約を双方合意の上で解除。後任として、かつてクラブのエースストライカーを務め、2度の得点王を獲得したレジェンドに白羽の矢を立てた。
ハリルホジッチ監督は1981年から86年にかけてナントに在籍しており、これが32年ぶりとなる復帰。83年と85年にはリーグ・アンの得点王に輝いた実績から、2018年4月、同クラブのサポーターが選ぶ歴代ベストイレブンにも選出されている。

続きを読む

【海外の反応】「終わりだ」「大した意味はない」アギーレ監督、八百長疑惑でスペイン検察から告発される

2011年5月21日に行われたリーガ・エスパニョーラ最終節のレバンテ対サラゴサ戦をめぐる八百長疑惑でスペイン検察当局は15日、バレンシアの裁判所に対し、日本代表のハビエル・アギーレ監督を含め、当時の試合に関わった選手ら関係者41人を告発した。スペイン紙『マルカ』などが報じている。
スペインの刑事手続きに基づき、今回の告発を受けて本格的な捜査が始まる見通し。その結果、十分な嫌疑があった場合、起訴される。日本サッカー協会理事で法務委員長を務める三好豊弁護士は今月4日の記者会見で「本格的な捜査がなされた結果、起訴されるかどうかが一つのポイントになるのかなと思う」と話しており、今後の捜査の行方が注目される。
今回の告発により、アギーレ監督自身が裁判所に出頭し、証言を求められる可能性もある。三好弁護士は指揮官をヒアリングした際、アギーレ監督は「2月に一度、供述する必要が出てくるというだけで、2月だから支障がない」と話していたというが、来年1月にアジア杯を控える日本代表への影響も心配される。

続きを読む

【海外の反応】「真逆のスタイルだ」日本人選手への影響必至?清武、山口蛍、酒井所属のハノーファー新監督に名将シャーフ氏が就任

※タイトルを訂正しました
MF清武弘嗣、DF酒井宏樹が所属し、21日にセレッソ大阪MF山口蛍の移籍が発表されたハノーファーが28日、新監督としてトーマス・シャーフ氏が就任したと発表した。
山口の加入が発表された21日、チームはミヒャエル・フロンツェック監督の辞任を発表していた。昨季終盤の3月20日に監督に就任したフロンチェック前監督は、シーズン終了までの短期契約だったものの、1部残留を果たして契約を延長。しかし、今季は第17節終了時点で4勝2分11敗の勝ち点14で17位に沈んでいた。-

続きを読む

【海外の反応】ザックの後任は誰が良い?最有力はアギーレか?

サッカー日本代表の次期監督として最有力候補に挙がっているハビエル・アギレ氏(55)が、日本との本格的な交渉開始に前向きな姿勢を示していることが27日、明らかになった。退任するアルベルト・ザッケローニ監督(61)の後任を検討する日本サッカー協会の“人事会議”ともいえる臨時技術委員会が7月1日に開催されることも決まり、早期決着の可能性も出てきた。
ハビエル・アギレ(Javier Aguirre)
1958年12月1日生まれ、55歳。メキシコ市出身。現役時代はDFで、メキシコ代表として自国開催の86年W杯に出場。現役引退後は母国内のクラブで監督を務め、2001年にメキシコ代表監督に就任。02年日韓W杯では16強に導いた。その後、Aマドリード(スペイン)などの監督を経て、09年4月の南アフリカW杯予選中に2度目のメキシコ代表監督に就任。本大会では16強進出を果たす。今季はエスパニョール(スペイン)で指揮を執った。―

続きを読む

【海外の反応】清武はどうなる?セビージャ、名将サンパオリ元チリ代表監督と1年契約か

日本代表MF清武弘嗣の加入が内定しているセビージャは、ホルヘ・サンパオリ元チリ代表監督の招へいに迫っている。スペイン『マルカ』が報じた。
監督就任に向け、すでにセビージャ入りしているサンパオリ氏。そのためには、まずウナイ・エメリ監督がパリ・サンジェルマン(PSG)行きを確定させなければならない。それ以前にPSGはローラン・ブラン監督と契約解消を行う必要がある。
13日にスペインに到着したサンパオリ氏は、空港でモンチSD(スポーツディレクター)に出迎えられ、ホテルでコーチングスタッフになる予定のフアン・マヌエル・リージョ元レアル・ソシエダ指揮官と合流した。その後、セビージャの本拠地サンチェス・ピスファンを訪れ、ホセ・カストロ会長と対話する時間を持った。

続きを読む