監督

【海外の反応】トゥヘルがアーセナルの監督に!?ベンゲルの後釜の最有力候補として浮上か!?英紙が報道

今季限りで契約満了を迎えるアーセナルのアーセン・ベンゲル監督の後継者問題はイングランドサッカー界の注目トピックの一つとなっているが、英国メディアでは新たに4人の指揮官が後任候補にとして挙がっている。その中には日本代表MF香川真司所属のドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督の名前も含まれているという。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。
ベンゲルの後継者として名前が上がった4人のうち、筆頭候補と見られているのがトゥヘル監督だという。昨季からドルトムントを率いる43歳のドイツ人指揮官は、複数システムを巧みに使い分け、対戦相手に応じて戦い方を変える戦術家として知られている。若手選手の起用にも積極的だ。香川だけでなく、マインツ時代にはFW岡崎慎司(レスター・シティ)も指導した。
その他にはユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、レバークーゼンのロジャー・シュミット監督、ASモナコのレオナルド・ジャルディム監督の名が、アーセナルの“ウィッシュリスト”に乗っているという。

続きを読む

ドイツ人「武藤を先発させろ」武藤復活のゴール!監督の采配に不満を持つ現地マインツサポも【海外の反応】

<ブンデスリーガ:マインツ2-3ライプチヒ>◇5日◇マインツ
FW武藤嘉紀が今季3ゴール目を決めたが、マインツはホームでライプチヒに2-3で敗れた。
武藤は後半22分から出場し、FWコルドバとの2トップを形成。前線で激しくプレスをかけ、同ロスタイム、自らが得たCKからの攻撃でヘディングシュートを決めた。

続きを読む

【海外の反応】「中国人かわいそう」”鬼軍曹”マガトが中国の山東魯能監督に就任!

[9日 ロイター] – サッカーの中国スーパーリーグの山東は、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)などで指揮を執ったフェリックス・マガト氏(62)の監督就任を発表した。
マノ・メネゼス前監督の後任として、12日の試合から采配を振るう見込み。
マガト氏はバイエルンで2度のリーグ制覇を成し遂げたほか、ウォルフスブルク(ドイツ)でもリーグ優勝1回の実績を残している。

続きを読む

【海外の反応】本田の来季の監督が決定!中田の元同僚モンテッラ就任をミランが発表!

ミランは28日、新監督にヴィンチェンツォ・モンテッラ氏(42)の就任が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。
モンテッラ新監督は7月1日から2年間の契約を結んだとのことだ。6月で契約満了となるクリスティアン・ブロッキ監督はそのまま退任することになる。
元エンポリ監督のマルコ・ジャンパオロ氏や、元アヤックス監督のフランク・デ・ブール氏なども候補に挙げられていたが、新たな指揮官はこれまでサンプドリアを率いていたモンテッラ監督に決定。攻撃的なサッカーでフィオレンティーナを躍進させた同監督に、ミランは以前から関心を寄せていることが報じられていた。

続きを読む

【海外の反応】「トゥヘルを追い出そうとしている」ドルトムントのヴァツケCEO、トゥヘルとの衝突を試合前に認める

先月11日に行われる予定だったチャンピオンズリーグ戦直前、ボルシア・ドルトムントのチームバスが爆破攻撃に遭い、試合は翌日に開催されることになった。独自でその決断を下したとし、UEFA(欧州サッカー連盟)を激しく批判したトーマス・トゥヘル監督だが、その反応にハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは戸惑いを覚えたという。
トゥヘル監督はモナコ戦後、試合が事件翌日に“延期”になったことについて「我々はまったく意見することができなかった。UEFAがスイスで決めたんだ。気分は良くないし、ただ無力感だけを覚えた」と怒りのコメントを残している。だが、そのUEFAの決断はドルトムント首脳陣側との協議に基づいて下されたものだった。その判断について問われたヴァツケCEOは、地元紙『レヴィア・シュポルト』でこのように話した。
「後から評価するのは簡単なものだよ。その時は3つの選択肢しかなかった。翌日にプレーするのか、試合を放棄し、0-3としての記録を受け入れるのか、それとも自らコンペティションから撤退するのか。後の2つの選択肢は検討したが、みんなの意見を聞かずに決めるには重すぎる決断だと考えた」

続きを読む

【海外の反応】「最適な後釜だ」ドルトムントがファブレと監督就任に向けた交渉を行っていると仏メディアが報道!

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが今季限りでトーマス・トゥヘル監督を解任し、来季新監督としてフランスのリーグアン3位ニースのルシアン・ファブレ監督を招聘するため、交渉に突入した可能性が高まっている。フランスのラジオ局「ラジオ・モンテカルロ」が報じている。
今季ニースを躍進に導いているスイス人のファブレ監督は、引く手数多の存在となっている。レバークーゼンから来季監督就任オファーを受けたが、これをすでに固辞。そして、ドルトムントがトゥヘル監督の後任として招聘に動き、交渉を進めていると報じられている。
昨季ユルゲン・クロップ監督の後任としてドルトムントにやってきたトゥヘル監督だが、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOと対立。対戦相手に応じてシステムを頻繁に変更し、勝ち点を失う試合も多く、ドイツ地元紙によれば戸惑いを見せる選手も出ているという。

続きを読む

【海外の反応】内田に新たなライバル出現..シャルケがセビージャ主将コケの獲得を発表

シャルケは31日、スペイン人DFコケ(29)の完全移籍での獲得に関してセビージャ、選手本人と基本合意に至ったことを発表した。
ラージョ・バジェカーノの下部組織出身のコケは、2011年夏にセビージャに加入。セビージャでは公式戦173試合出場15得点という記録を残し、2014-15シーズンからはキャプテンマークも巻いたチームのリーダーの一人だ。また昨季のヨーロッパリーグ決勝リヴァプール戦では2ゴールを記録し、マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれている。
右サイドバックが本職で、右サイドハーフとしてもプレー可能なコケだが、セビージャ新指揮官ホルヘ・サンパオリ監督の構想からは外れ、シャルケに出場機会を求めることになった。シャルケが伝えるところによれば、同選手は31日にメディカルチェックをパスし、まもなく契約書にサインを交わす見込み。コケは契約後に一旦スペインに帰国し、シャルケが8月1日~8日に実施するオーストリア遠征からチームに合流する予定だ。

続きを読む

【海外の反応】「信じられない」ドルトムント、トゥヘル監督の退任を発表!

トーマス・トゥヘル監督が日本代表MF香川真司所属のボルシア・ドルトムントを離れることになった。クラブが30日に決断を発表した。
ここ数週間前から今季限りで退任する可能性が報じられてきたトゥヘル監督。30日にクラブ幹部とのミーティングが行われた模様で、その結果、クラブ側から解任が言い渡されたようだ。発表に際して決断の理由は明かされていないものの、「2人の個人による意見の食い違いではない」ことが強調されている。
またトゥヘル監督は同日、ツイッターを通じて「色々経験できて、スリリングな美しい2年間をありがとう。このまま続けられないことは残念」とコメント。また「ファン、チーム、スタッフ、そして我々をサポートしてくれたみんなに感謝を告げたい。ドルトムントにベストを祈る」ともつづった。

続きを読む