監督

【海外の反応】「奪わないで」ドルトムントが元市原ボス監督と個人合意間近!?独メディアの報道に戦々恐々のアヤックスサポ

ドルトムントでは後任候補に目を向けており、そのうちの一人はかつてジェフ市原でプレーした経験をもつピーター・ボス氏。現在アヤックスで指揮をとり、ロストックでプレーした経験もあるドイツ語も問題のない同氏は、就任一年目からEL決勝進出まで飛躍。だがこちらもまたクラブとの契約を2019年まで残しているところだ。

ドルトムント監督候補に、元市原ボシュ氏や大迫の指揮官シュテーガー氏も


※ドルトムントはボス監督と個人合意間近で

続きを読む

【海外の反応】「厳しいよ」岡崎と吉田の“驚き“の先発落ちに現地サポから同情の声

イングランド・プレミアリーグは29日に第10節が行われ、レスターはエヴァートンに2-0と勝利した。クロード・ピュエル新体制の初陣で、FW岡崎慎司がベンチスタートとなったことに、地元紙『レスター・マーキュリー』も「サプライズだ」と伝えている。
ホームにエヴァートンを迎えた一戦で、レスターは普段の4-4-2から4-2-3-1にフォーメーションを変更。MFリヤド・マフレズがトップ下に入り、サイドハーフには若手のDFベン・チルウェルとMFデマライ・グレイが入り、岡崎とMFマーク・オルブライトンはベンチスタートとなった。
ピュエル監督のこの采配は功を奏し、グレイは29分にチームの2点目となるゴール挙げるなど2ゴールに関与。チームの勝利の立役者となった。

続きを読む

【海外の反応】「トゥヘルが退団したらドルトムントの後任監督は誰がいい?」

ドイツメディアは8日、同国ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)を率いるトーマス・トゥヘル(Thomas Tuchel)監督が今季限りで退任する可能性があると報じた。
ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴェツケ(Hans-Joachim Watzke)最高経営責任者(CEO)は先日、チームバスが爆発事件に遭遇した翌日に欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)準々決勝第1戦に臨んだ決断をめぐり、トゥヘル監督との関係が緊張感に包まれていると明かし、クラブ内での確執が表面化していた。
チームが2-3でASモナコ(AS Monaco)に敗れた直後、43歳のトゥヘル監督は試合への出場に関する決断には「一切」関わっていないと主張したのに対し、ヴェツケCEOは事実ではないと反論していた。

続きを読む

【海外の反応】「日本戦は恥ずかしかった」オーストラリア代表監督が電撃辞任!悲喜こもごもの豪州人ファン

オーストラリア・サッカー連盟は22日、W杯出場を決めた同国代表を率いるアンジェ・ポステコグルー監督の辞任を発表した。
オーストラリア・サッカー連盟によると、ロシアW杯以降の契約更新について話し合いの場がもたれたが、ポステコグルー監督は「私にとって非常に厳しい決断だった」と辞任を決断し、連盟も指揮官の意志を尊重したようだ。
ポステコグルー監督は「2014年W杯で代表チームを率い、15年のアジア杯で優勝し、そして来年のW杯出場を決めた。しかし、大きな犠牲も必要としていた。自国の監督を務めることは最大の名誉だが、それに伴う大きな責任がある。心苦しいが私は今、旅を終わらせなければならない」と語っている。

続きを読む

【海外の反応】「新たな時代だ」ドルトムントがボス氏の監督就任を正式発表!香川の指揮官は元Jリーガーに

オランダ人指導者ピーター・ボスがドルトムントと正式契約を結び、17-18シーズンからドルトムントを指揮をすることが決まった。
アヤックスとボスの契約は2019年まで残っていたが、一部報道によるとアヤックスには契約解除金が支払われることになり、ドルトムントと契約合意に至った模様。
ボスは今シーズン、アヤックスをヨーロッパリーグファイナルに導いたことでも知られる。決勝ではマンチェスター・ユナイテッドに敗れた後、アヤックスでの今後の指導に意気込みを示していたが、若い選手が主体のアヤックスでシャルケ、リヨンなどを次々に撃破し、欧州カップ戦のファイナルに導いたその手腕は高く評価されていた。

続きを読む

【海外の反応】「信じられない」サウジ代表、僅か2ヶ月で新監督を電撃解任!

現地時間22日、サウジアラビアサッカー連盟はエドガルド・バウサ監督を解任したと発表した。
同連盟はチームの現状と直近に行われた親善試合の結果が解任の理由であると説明している。サウジアラビアは今月10日にアウェイでポルトガルに0-3、13日にはブルガリアに0-1で敗戦した。
59歳のバウサ監督は前監督を務めていたベルト・ファン・マルワイク氏の後任として9月に就任していた。しかしわずか就任2ヶ月で代表チームを去る事になった。

続きを読む

【海外の反応】「お似合いだ」日本代表新監督の第一候補はベンゲル!?英紙の報道に海外のファンは..

U-21日本代表の森保一監督が最有力候補と言われる中、英『デイリー・メール』が日本代表新監督にアーセン・ベンゲル氏(68)が就任する可能性があると報じた。
かつて名古屋グランパスを率いたベンゲル氏は、1996年からアーセナルを指揮。2017-18シーズンを最後に退任したが、今後も監督業の続投を示唆していることから、新天地に注目が集まっている。
同紙によると、日本サッカー協会(JFA)はベンゲル氏を日本代表新監督のトップターゲットに挙げ、長期政権を視野に招へいに動いているようだ。しかし、ベンゲル氏は代表ではなくクラブを率いることを希望しているとのこと。だが、ヨーロッパでそれを叶える機会は限られており、日本に対する愛着から代表監督就任に動く可能性があるという。

続きを読む

【海外の反応】「冗談だよな」ドルトムント、ボスの解任を発表!後任にシュテーガーが電撃就任!

※追記しました
MF香川真司の所属するドルトムントが10日に記者会見を行い、成績不振からペーター・ボス監督の解任と前ケルンのペーター・シュテーガーの新監督就任を発表した。
ボス監督は今夏にドルトムントの新監督として招聘された。開幕からの7試合を6勝1分とスタートダッシュを決めたが、その後の8試合を3分5敗と急失速。UEFAチャンピオンズリーグでも1勝も挙げられないまま、グループステージで敗退した。9日のブレーメン戦(1-2)に敗れたことが決定打となり、就任から半年でオランダ人指揮官は解任された。

続きを読む

【ドイツの反応】「ありがとう真司」香川、ドルトムントと2020年まで契約延長で合意!歓喜する現地サポーター

※追記しました
ボルシア・ドルトムントは14日、日本代表MF香川真司(28)の契約を延長したことを発表した。新契約は2020年までとなる。
契約が2018年に満了となっていたため、ドルトムントは今夏に香川に対しある程度移籍金を得られる最後のマーケットを控え、度々移籍の可能性も報じられていた。またここ数カ月間でクラブは主力メンバーとの契約を更新しており、香川の今後の去就にさらに注目が集まっていたところだ。

続きを読む

「日本サッカーを強くしすぎないで」元豪州代表監督が横浜Fマリノスと基本合意で複雑な豪州人【海外の反応】

J1横浜F・マリノスは19日、来季の監督として、元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏(52)と基本合意したことを発表した。
同氏は横浜の公式サイトで「クラブチームで再び指揮をとれること、そして日本での新たなチャレンジを非常に楽しみにしています。横浜F・マリノスで監督を務めることは私にとって大きな挑戦です。若手選手の成長を促し、全ての選手と共に成功を収めることを目指していきます」とコメントした。
同氏はオーストラリア代表監督として、同国を来年のロシアW杯予選突破へと導いたのちに辞任。今季限りで退任を発表していた横浜のエリク・モンバエルツ監督の後任として就任する。

続きを読む