監督

【海外の反応】「不可能を可能にしたのに」日本代表撃破でW杯出場のサウジ代表ファンマルバイク監督、まさかの退任!

サウジアラビア代表を率いるマルク・ファン・マルバイク監督が、退任することが明らかになった。
サウジアラビア代表はロシアW杯アジア最終予選最終戦で日本に勝利し、ロシア行きを決めた。ファン・マルバイクとサウジアラビア代表の契約は予選までとなっていたため、ここ数日は延長交渉が行われていた。しかし、直後にファン・マルバイクの側近でもある代表のスタッフが解任され、指揮官はそれが受け入れられなかったことを退任理由として説明している。
また、サウジアラビアサッカー協会は、永久的に同国に住むことも指揮官に求めていたことが明らかになった。しかし、ファン・マルヴァイクにそのつもりはなかったようだ。

続きを読む

【海外の反応】「まじかよ」ミラン、モンテッラ監督を電撃解任..後任はガットゥーゾに

ミランは27日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任を、クラブの公式ツイッターアカウントで発表した。
今夏のマーケットで1億5000万ユーロを投じ大型補強を敢行したミランだが、セリエA14節終了時点での成績は、6勝2分6敗の勝ち点20。インテルやユヴェントス、ナポリ、ローマら国内のライバル相手に全敗し、1941-42シーズン(14試合で7敗)に次ぐ最悪のスタートになっていた。首位のナポリにはすでに「18」ポイント差をつけられ、順位も7位に甘んじている。
後任には、クラブOBのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が就任する。

続きを読む

【海外の反応】「悲しい」大迫に影響も!?ケルン、シュテーガー監督を解任でショックを受けるサポーター

日本代表FW大迫勇也所属のケルンは3日、ペーター・シュテーガー監督を解任したことを発表した。インターブレークまで、U-19チームの監督だったシュテファン・ルーテンベック氏が暫定で指揮を執る。
ケルンは今季、得点源だったFWアンソニー・モデストが中国リーグに流出した影響を受け、大不振に陥っている。開幕からブンデスリーガ14試合未勝利(3分11敗)で最下位に低迷。DFBポカール(ドイツ国内杯)やヨーロッパリーグ(EL)では勝利を挙げたが、リーグ戦にはいい流れをつなげられなかった。
チームは2日の第14節シャルケ戦(2-2)を戦ったが、11月26日に行われた第14節ヘルタ・ベルリン戦(0-2)での敗戦を受け、決断が下されていた。シュテーガー監督は「シャルケ戦が最後になることは明らかだった。試合に集中するため、日曜日(3日)に伝えることにした」とコメント。10月にはマネージャーのヨルク・シュマッケ氏が辞任していた。

続きを読む

【海外の反応】「冗談だよな?」ドルトムントCEO、シュテーガー監督の契約延長を示唆!ファンから反発の声が続出!

ドルトムントのペーター・シュテーガー監督は、来季以降も続投するようだ。11日、ドイツ紙『キッカー』が報じた。
前任のピーター・ボス監督は、開幕7試合を6勝1分と好スタートを切るも、その後調子が下向き、7位に転落したところで解任。その後、シュテーガー監督は後任として招かれ、就任後リーグ戦4勝3分けの無敗とチームを立て直している。
シュテーガー監督とドルトムントの現行契約は今シーズンいっぱいで満了するため、ホッフェンハイムを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督などが来シーズンに向けてリストアップされていると報じられていた。

続きを読む

【海外の反応】「自信が出てきた」日本を苦しめたファンマルバイクの代表監督就任に満足の豪州人サポーター

6月に開幕するW杯ロシア大会に出場するオーストラリア代表の新監督に、オランダ出身のベルト・ファンマルバイク氏(65)が就任した。25日、同協会が発表した。
ファンマルバイク氏は、2010年W杯南アフリカでオランダ代表を指揮し、準優勝。2015年から率いたサウジアラビア代表をW杯ロシア大会出場(3大会ぶり)に導いていたが、同協会との交渉が決裂して昨年9月に退任していた。
W杯ロシア大会アジア最終予選でサウジアラビアとオーストラリアは同組で対戦しており、同協会のローウィ会長は「ファンマルバイクはワールドクラスで実績もある。最も重要なのは我々のチーム、プレースタイルを良く知っているということ。敵将として我々のことを研究しており、その経験が就任の決め手となった」と説明した。

続きを読む