監督

【海外の反応】「信じられない」サウジ代表、僅か2ヶ月で新監督を電撃解任!

現地時間22日、サウジアラビアサッカー連盟はエドガルド・バウサ監督を解任したと発表した。
同連盟はチームの現状と直近に行われた親善試合の結果が解任の理由であると説明している。サウジアラビアは今月10日にアウェイでポルトガルに0-3、13日にはブルガリアに0-1で敗戦した。
59歳のバウサ監督は前監督を務めていたベルト・ファン・マルワイク氏の後任として9月に就任していた。しかしわずか就任2ヶ月で代表チームを去る事になった。

続きを読む

【海外の反応】「お似合いだ」日本代表新監督の第一候補はベンゲル!?英紙の報道に海外のファンは..

U-21日本代表の森保一監督が最有力候補と言われる中、英『デイリー・メール』が日本代表新監督にアーセン・ベンゲル氏(68)が就任する可能性があると報じた。
かつて名古屋グランパスを率いたベンゲル氏は、1996年からアーセナルを指揮。2017-18シーズンを最後に退任したが、今後も監督業の続投を示唆していることから、新天地に注目が集まっている。
同紙によると、日本サッカー協会(JFA)はベンゲル氏を日本代表新監督のトップターゲットに挙げ、長期政権を視野に招へいに動いているようだ。しかし、ベンゲル氏は代表ではなくクラブを率いることを希望しているとのこと。だが、ヨーロッパでそれを叶える機会は限られており、日本に対する愛着から代表監督就任に動く可能性があるという。

続きを読む

【海外の反応】「冗談だよな」ドルトムント、ボスの解任を発表!後任にシュテーガーが電撃就任!

※追記しました
MF香川真司の所属するドルトムントが10日に記者会見を行い、成績不振からペーター・ボス監督の解任と前ケルンのペーター・シュテーガーの新監督就任を発表した。
ボス監督は今夏にドルトムントの新監督として招聘された。開幕からの7試合を6勝1分とスタートダッシュを決めたが、その後の8試合を3分5敗と急失速。UEFAチャンピオンズリーグでも1勝も挙げられないまま、グループステージで敗退した。9日のブレーメン戦(1-2)に敗れたことが決定打となり、就任から半年でオランダ人指揮官は解任された。

続きを読む

【ドイツの反応】「ありがとう真司」香川、ドルトムントと2020年まで契約延長で合意!歓喜する現地サポーター

※追記しました
ボルシア・ドルトムントは14日、日本代表MF香川真司(28)の契約を延長したことを発表した。新契約は2020年までとなる。
契約が2018年に満了となっていたため、ドルトムントは今夏に香川に対しある程度移籍金を得られる最後のマーケットを控え、度々移籍の可能性も報じられていた。またここ数カ月間でクラブは主力メンバーとの契約を更新しており、香川の今後の去就にさらに注目が集まっていたところだ。

続きを読む

「日本サッカーを強くしすぎないで」元豪州代表監督が横浜Fマリノスと基本合意で複雑な豪州人【海外の反応】

J1横浜F・マリノスは19日、来季の監督として、元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏(52)と基本合意したことを発表した。
同氏は横浜の公式サイトで「クラブチームで再び指揮をとれること、そして日本での新たなチャレンジを非常に楽しみにしています。横浜F・マリノスで監督を務めることは私にとって大きな挑戦です。若手選手の成長を促し、全ての選手と共に成功を収めることを目指していきます」とコメントした。
同氏はオーストラリア代表監督として、同国を来年のロシアW杯予選突破へと導いたのちに辞任。今季限りで退任を発表していた横浜のエリク・モンバエルツ監督の後任として就任する。

続きを読む

【海外の反応】「不可能を可能にしたのに」日本代表撃破でW杯出場のサウジ代表ファンマルバイク監督、まさかの退任!

サウジアラビア代表を率いるマルク・ファン・マルバイク監督が、退任することが明らかになった。
サウジアラビア代表はロシアW杯アジア最終予選最終戦で日本に勝利し、ロシア行きを決めた。ファン・マルバイクとサウジアラビア代表の契約は予選までとなっていたため、ここ数日は延長交渉が行われていた。しかし、直後にファン・マルバイクの側近でもある代表のスタッフが解任され、指揮官はそれが受け入れられなかったことを退任理由として説明している。
また、サウジアラビアサッカー協会は、永久的に同国に住むことも指揮官に求めていたことが明らかになった。しかし、ファン・マルヴァイクにそのつもりはなかったようだ。

続きを読む

【海外の反応】「まじかよ」ミラン、モンテッラ監督を電撃解任..後任はガットゥーゾに

ミランは27日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任を、クラブの公式ツイッターアカウントで発表した。
今夏のマーケットで1億5000万ユーロを投じ大型補強を敢行したミランだが、セリエA14節終了時点での成績は、6勝2分6敗の勝ち点20。インテルやユヴェントス、ナポリ、ローマら国内のライバル相手に全敗し、1941-42シーズン(14試合で7敗)に次ぐ最悪のスタートになっていた。首位のナポリにはすでに「18」ポイント差をつけられ、順位も7位に甘んじている。
後任には、クラブOBのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が就任する。

続きを読む

【海外の反応】「悲しい」大迫に影響も!?ケルン、シュテーガー監督を解任でショックを受けるサポーター

日本代表FW大迫勇也所属のケルンは3日、ペーター・シュテーガー監督を解任したことを発表した。インターブレークまで、U-19チームの監督だったシュテファン・ルーテンベック氏が暫定で指揮を執る。
ケルンは今季、得点源だったFWアンソニー・モデストが中国リーグに流出した影響を受け、大不振に陥っている。開幕からブンデスリーガ14試合未勝利(3分11敗)で最下位に低迷。DFBポカール(ドイツ国内杯)やヨーロッパリーグ(EL)では勝利を挙げたが、リーグ戦にはいい流れをつなげられなかった。
チームは2日の第14節シャルケ戦(2-2)を戦ったが、11月26日に行われた第14節ヘルタ・ベルリン戦(0-2)での敗戦を受け、決断が下されていた。シュテーガー監督は「シャルケ戦が最後になることは明らかだった。試合に集中するため、日曜日(3日)に伝えることにした」とコメント。10月にはマネージャーのヨルク・シュマッケ氏が辞任していた。

続きを読む