素晴

【海外の反応】日本人のフリースタイル・フットボールを見た外国人「言葉を失ったよ」

フリースタイルフットボールとは、リフティングやドリブルなどのサッカーの技術を飛躍させて、魅せるものにした文化である。 立った状態で足技を行うエアムーブ、座った状態でボールを扱うシッティングムーブ、上半身でボールを扱うアッパームーブ、地面にボールが着いたまま扱うグランドムーブなどのカテゴリーに分かれているが、現在もカテゴリーは派生し続けさらに枝分かれしている。 元々は大道芸の一つや、ショーケースとして発展してきたが、近年は各地で大会が行われるなど競技としての面も強くなっている。 審査基準や、手の使用の可否、道具の使用の可否などのレギュレーションは各大会によって違う。―
wiki

続きを読む

【海外の反応】岡崎、攻守に奮闘!現地レスターサポが高評価!(クリスタルパレス戦)

※タイトル変更しました
プレミアリーグは19日、第31節を行い、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地で12試合白星から遠ざかっているクリスタル・パレスと対戦。前半18分のMFリヤド・マフレズのゴールが決勝点となり、1-0で勝利した。岡崎は先発出場も2戦連発とはならず、後半31分にピッチを後にした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160320-01625589-gekisaka-socc

続きを読む

1対1で圧倒した酒井宏樹が現地サポーターから高評価を受ける!(フランクフルト戦)

ドイツのキッカー誌、ビルト紙はブンデスリーガ第14節の選手採点を発表し、ハノーファーのDF酒井宏樹がキッカー誌のベストイレブンに初選出された。
酒井宏は1日のフランクフルト戦に右SBでフル出場。積極的な攻撃参加とハードなディフェンスで2-0の完封勝利に貢献した。キッカー誌、ビルト紙ともに3点を付け、キッカー誌の選ぶ今節のベストイレブンにも名を連ねた。―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】清武アシストで貢献するもチームは3点差を追いつかれて現地サポは天国から地獄へ突き落とされる

ブンデスリーガは14日、第16節2日目を行い、MF長谷部誠、MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクは敵地でDF酒井宏樹所属のハノーファーと対戦し、3-3で引き分けた。長谷部、清武はともにフル出場し、そろってアシストを記録。前半だけで3-0とリードしたが、後半の3失点で追いつかれた。これで今季は開幕から10分6敗。またしても初勝利を挙げることはできなかった。―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】守備で奮闘した酒井宏樹を現地サポが高評価!フェアプレー清武弘嗣評

ブンデスリーガは8日、第24節を行い、日本代表DF酒井宏樹の所属するハノーファーはホームでレバークーゼンと対戦し、1-1で引き分けた。代表帰りの酒井は5試合ぶりの先発となった前節・アウクスブルク戦(1-1)に続いて右SBで2試合連続の先発フル出場を果たした。―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】香川守備でゴールの起点に!ドルトムントはロイスの2得点などでブレーメンに勝利!

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは31日、第11節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でブレーメンと対戦し、3-1で勝った。香川は左インサイドハーフでフル出場。攻守にわたってチームの3連勝に貢献した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-01286916-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】本田圭佑リーグ戦初ゴール!!!

セリエAは7日、第32節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランは敵地でジェノアと対戦し、2-1で勝利した。4試合連続の先発出場となった本田は、この日も右MFで出場。3試合連続のフル出場を果たすと、後半11分にセリエA初ゴールとなる決勝点を挙げた。―
ゲキサカ

続きを読む