試合

【海外の反応】「大迫、半端ない」日本代表、大迫と堂安のゴールでトルクメニスタンに逆転勝利!

※追記しました
アジアカップは9日、グループFの第1節を行い、日本代表はアブダビのアルナヒヤーン・スタジアムでトルクメニスタン代表と対戦し、3-2で競り勝った。前半26分に先制を許したが、後半11分、15分とFW大迫勇也の連続ゴールで逆転。同26分にMF堂安律の追加点で3-1と突き放した。その後、PKで1点を返されるも3-2で逃げ切り、白星発進。日本は13日の第2戦でオマーン代表と対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?263766-263766-fl

続きを読む

【海外の反応】「度肝抜かれた」三浦知良、52歳で現役34年目突入へ契約更新!海外のファンが驚愕!

横浜FCは11日、FW三浦知良と契約を更新したことを発表した。
現在51歳の三浦は、Jリーグでの現役最年長プレーヤーで、1993年のJ開幕を知る唯一の現役選手。93年にMVP、96年に得点王、そして3度のベストイレブンの選ばれるなど、長くJリーグをけん引。
横浜FCで13シーズン目を迎えた2018シーズンは、明治安田生命J2リーグで9試合に出場した。2月26日に52歳を迎える“キング・カズ”は今回、契約を更新したことでプロ34年目のシーズンに臨むことになる。

続きを読む

【海外の反応】韓国、VARに泣く..痛恨PK献上でスウェーデンに敗戦

※追記しました
ロシアW杯は18日、大会5日目を行った。グループFではスウェーデン代表が韓国代表を1-0で下し、白星発進を決めた。第2節は23日に行われ、スウェーデンはドイツ、韓国はメキシコと対戦する。
同組のもう一試合は前日に行われ、メキシコが前回王者のドイツを破る伽藍を演じ、改めてW杯の難しさ、楽しさを感じさせた。韓国とスウェーデンはこの強豪2か国との試合を残すこともあり、互いに絶対に落とせない試合として初戦に臨んでいた。

続きを読む

【フランスの反応】「脱帽だ」昌子源、仏デビュー戦で完封勝利に貢献!現地サポが称賛!

リーグ・アン第21節が19日に行われ、トゥールーズはニームと敵地で対戦し、1-0の勝利を収めた。鹿島アントラーズから1月4日に移籍したDF昌子源がこの試合で先発フル出場。トゥールーズの完勝に貢献した。
昌子は3バックの左で先発出場。フランスという新天地でデビューを飾った。
昌子は序盤から激しいボディコンタクトを披露。欧州でも負けないフィジカルを見せた。何度かボールを失うシーンもあったが、試合中のチームメイトの喧嘩に割って入り仲裁。デビュー戦ながら落ち着きを垣間見せた。

続きを読む

【海外の反応】「がっかりだ」韓国、苦戦も延長戦の末にバーレーンに勝利..ベスト8進出

※追記しました
アジアカップの決勝トーナメント1回戦で、韓国代表がバーレーン代表を延長戦の末に2-1で下した。
先制点を決めたのは韓国だった。前半43分、右クロスをこぼれ球をFWファン・ヒチャンが右足で流し込み、前半を1点リードで折り返す。ゴール後には負傷のために代表を離脱したMFキ・ソンヨンの背番号16を示して喜びを表した。

続きを読む

【海外の反応】「日本の方が強いが..」日本代表対ベトナムを海外のファンはどう見ているのか?

今日24日にアジア杯準々決勝でベトナムと対戦する日本代表が、前日会見と前日練習に臨んだ。
過去の対戦成績は3戦全勝、FIFAランクでもベトナムを大きく上回るが、MF柴崎とともに会見に出席した森保一監督(50)が「明日の試合も厳しい試合になることを覚悟して、相手に敬意を払って、かつ最大の力を発揮することを求めていきたい」と隙は見せなかった。
それでも中2日のハードな日程も考慮し、先発メンバーに多少の手を加えることが予想される。指揮官は「なかなかお答えできないので皆さんの予想でお願いします」と明言は避けたが、右臀部(でんぶ)痛で3試合欠場していたFW大迫は前日22日にフルメニューをこなしたことで先発復帰の可能性も。大会規定により準決勝で累積警告がリセットされることもあり、サウジアラビア戦のフィールド先発選手で警告を受けているMF南野、MF堂安、DF酒井が控えに回ることもあり得る。

続きを読む