試合

【海外の反応】「日本がアジアのベストチーム」イラン人サポーターが見る日本代表戦

日本サッカー協会(JFA)は13日、10月13日にイランに遠征し、同代表と国際親善試合を行うと発表した。先月29日にイランサッカー協会から発表されていたが、JFAも正式に発表した。キックオフは現地時間午後5時(日本時間午後10時半)を予定している。
なお、日本代表とイラン代表の対戦成績は5勝4分6敗で直近5試合では2勝2分1敗となっている。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「岡崎を先発から落とすな」ラニエリのスタメンに疑問を抱く現地サポーターも(ボーンマス戦)

プレミアリーグは29日、各地で第4節を行った。日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でボーンマスと対戦し、1-1で引き分けた。岡崎は今季リーグ戦初のベンチスタート。後半開始から出場すると、前線から献身的な動きを見せたが得点には絡めなかった。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「スーパーな試合をした」3アシストの香川を現地ドルトムントサポが絶賛!

※ベストイレブンと試合後の反応を追記しました※タイトル変更しました
ブンデスリーガは25日、第10節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでアウクスブルクと対戦し、5-1で快勝した。左インサイドハーフでフル出場した香川は3アシストを記録。チームの2連勝に大きく貢献した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-01260689-gekisaka-socc

続きを読む

【ドイツの反応】「ワールドクラスだった」ドルトムント相手に圧巻の活躍を見せた酒井高徳を現地HSVサポが絶賛!

20日に行われたブンデスリーガ第13節で、DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVがホームで日本代表MF香川真司のドルトムントを3-1で倒し、ドルトムントに今シーズン2つ目の黒星を見舞った。
酒井は右サイドバックで2試合連続して先発メンバーに名を連ね、フル出場でチームの勝利に貢献。地元紙『Hamburger Morgenpost』は酒井に「2.5」の高評価を与え、「実戦の経験不足を感じさせなかった」と称えた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)
■酒井高徳

続きを読む

【海外の反応】開催国チリ、PK戦の死闘を制してコパ・アメリカ優勝!

※試合後の反応を追記しました
コパ・アメリカは4日(日本時間5日)、決勝を行い、開催国のチリがアルゼンチンを下し、初優勝を飾った。0-0のまま延長戦でも決着付かず、PK戦にもつれ込んだ死闘。アルゼンチンは2人が失敗し、地元のチリがPK4-2で競り勝った。チリは3度目の決勝進出で悲願の初優勝となった。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「チートコードだ」レヴァンドフスキが9分で5点のリーグ最速記録達成!

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキは、22日のブンデスリーガ第6節ヴォルフスブルク戦で、出場から15分で5ゴールをマークする離れ業を見せた。試合後、選手は喜びを見せつつ、冷静な一面ものぞかせた。
チームが1点を追っていた後半の開始から途中出場したレヴァンドフスキは、ブンデスリーガ史上最速となる3分19秒でハットトリックを達成。その後も爆発し、合計5ゴールでチームに勝利をもたらした。
試合後、レヴァンドフスキはドイツ『スカイ』で次のように述べている。

続きを読む

【海外の反応】「スーパーな試合をした」技ありアシスト香川を現地サポが高評価!ドルトムントはフランクフルトに快勝!

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは13日、第16節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでMF長谷部誠所属のフランクフルトと対戦し、4-1で快勝した。香川はリーグ戦2試合連続のベンチスタートとなったが、前半43分から途中出場。1-1の後半12分に決勝点をアシストした。長谷部はボランチでフル出場。右SBではなく、本職の中盤で先発するのは8試合ぶりだったが、チームは泥沼の4連敗となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-01474540-gekisaka-socc

続きを読む