試合

【海外の反応】フランスがナイジェリアに勝利!

※試合終了後の反応を追記しました
ブラジルW杯は30日、決勝トーナメント1回戦を行い、Eグループを首位通過したフランス代表とFグループを2位で通過したナイジェリア代表が対戦した。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半34分にナイジェリアゴールをこじ開けたフランスが後半アディショナルタイムにダメ押しゴールを奪い、2-0の完封勝利を収めた。フランスは準優勝した06年ドイツ大会以来、2大会ぶりのベスト8進出を果たした。―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】海外組所属チームの現地サポーターの反応まとめました(ギリシャ戦)

日本代表は19日(日本時間20日)、グループリーグ第2戦でギリシャ代表と対戦し、0-0で引き分けた。前半38分にギリシャが退場者を出し、数的優位に立った日本だが、10人を相手に最後までゴールを奪えず、試合はスコアレスドロー。1分1敗となった日本は24日の最終戦でコロンビアと対戦する。決勝トーナメント進出のためには勝利が絶対条件のうえ、他会場の結果次第となり、極めて難しい状況に追い込まれた。―
ゲキサカ

続きを読む

【ドイツの反応】「本物のサイヤ人だ」内田篤人をシャルケサポーターが称賛!(ルールダービー)

ブンデスリーガは27日、第6節2日目を行い、DF内田篤人の所属するシャルケはホームでMF香川真司、MF丸岡満の所属するドルトムントと対戦し、2-1で競り勝った。前節・ブレーメン戦(3-0)で今季初出場を果たした内田は2試合連続のフル出場で2連勝に貢献。香川は移籍後初のベンチスタートとなり、後半12分から途中出場した。丸岡はベンチ入りしたが、2試合連続で出番がなかった。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】バイエルンがCSKAモスクワとの無観客試合を制する!

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は30日、各地でグループリーグ第2節1日目を行い、E組のバイエルン(ドイツ)は敵地でCSKAモスクワ(ロシア)と対戦し、1-0で勝った。
昨季の欧州CL・プルゼニ戦でファンが人種差別的行為を起こしたCSKAモスクワに対する処分として無観客で行われた一戦。バイエルンは前半21分、ドリブルを仕掛けたMFマリオ・ゲッツェがPA内でDFマリオ・フェルナンデスに倒され、PKを獲得すると、これをMFトーマス・ミュラーが冷静に決め、先制点を奪った。
前半34分にもミュラーが強烈なミドルシュートでゴールを襲うが、ここはGKイゴール・アキンフェエフがセーブ。CSKAモスクワも前半37分、ロングフィードに反応したFWアーメド・ムサがDFメフディ・ベナティアを振り切ってGKと1対1に持ち込むが、シュートはGKマヌエル・ノイアーが体を張って防いだ。

続きを読む

【ドイツの反応】「香川真司が好材料」好パスでチャンス演出もドルトムント、ホームでHSV相手に敗戦…

※ドイツ語の反応を追記しました※タイトル変更しました
ブンデスリーガは4日、第7節2日目を行い、MF香川真司とMF丸岡満の所属するドルトムントはホームでハンブルガーSVと対戦し、0-1で敗れた。香川はトップ下でフル出場。丸岡は4試合ぶりにベンチから外れた。-
ゲキサカ

続きを読む

【ドイツの反応】「今シーズン最高の出来」乾貴士、躍動!!(ケルン戦)

4日に行われたブンデスリーガ第7節のフランクフルト対ケルンは、ホームのフランクフルトが3-2と接戦を制した。フランクフルトMF乾貴士、長谷部誠はフル出場を果たしている。
採点を行わない『フランクフルター・ルンドシャウ』は、乾について以下のように評している。
「フランクフルトで一番スプリントし、運動量が豊富だった。数多くの相手に脅威となるプレーに絡み、ライン前で彼のシュートがクリアされる場面もあった(35分)。プレーを楽しみ、(味方のチャンスを)美しく演出する上で、リスクを冒しながらもいろいろと挑戦した。終盤にもフルスピードで攻撃している。しかし、ミッドフィールドの中央で簡単にボールを失うことも多かった。それが彼の欠点だ」

続きを読む

【海外の反応】バイエルン、マンチェスターシティ相手に劇的勝利!

※試合終了後の反応を追記しました
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は17日、グループリーグ第1節を行い、昨季のブンデスリーガ王者バイエルン(ドイツ)とプレミアリーグ王者マンチェスター・シティが対戦した。試合終了間際のゴールでバイエルンが1-0で勝利し、ホームで勝ち点3をつかんでいる。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】日本代表、ザンビア代表に勝利!!

※追記しました(2回)
米フロリダ合宿中の日本代表は6日(日本時間7日)、タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムでザンビア代表と対戦し、4-3で競り勝った。前半9分、29分と立て続けに2失点。前半40分にFW本田圭佑のPKで1点を返すと、後半28分にFW香川真司、同30分には本田がゴールを決め、逆転した。後半44分に追いつかれるも、後半アディショナルタイムにFW大久保嘉人が決勝ゴール。W杯前最後の国際親善試合を勝利で飾り、これで国際Aマッチは5連勝。チームは明日7日、いよいよブラジルに向けて出発する。―
ゲキサカ

続きを読む