選手

【海外の反応】本田圭佑先発出場,PSMでミランはマンシティに惨敗・・・

アメリカで開催されているプレシーズンマッチのギネス・インターナショナル・チャンピオンズ杯に参戦している日本代表MF本田圭佑の所属するミラン(イタリア)は26日、マンチェスター・シティ(イングランド)と対戦し、1-5で敗れた。本田は3トップの右で先発。後半40分までプレーしたが、得点に絡むことは出来なかった。ー
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】柿谷曜一朗、スイスの強豪バーゼルへの移籍が決定!

※追記しました
セレッソ大阪は7日、MF柿谷曜一朗がスイスのフースバル・クラブ・バーゼルへ完全移籍することを発表した。15日の川崎F戦の試合終了後に、セレモニーを行う。
クラブを通じて柿谷は「僕はセレッソがめちゃくちゃ好きだし、一緒にやってきたみんなとタイトルを取りたい気持ちはありました。でも、もう一度海外でプレーできるチャンスが来て、ワールドカップで悔しい思いをした中でいっぱい考えて、FCバーゼルでチャレンジしようと決めました。今のセレッソには一番上に立つべき選手たちが揃っていると思います。全員が輝くことを祈っているし、僕もそれに負けないようにがんばります。これまで本当に応援してくださったサポーターの皆さんには感謝しています。皆さんの前で、(リリース上ではなく)自分の口できちんとお礼をいいたいと思いますので、少し時間をください」と、コメントを発表している。-

続きを読む

【海外の反応】ダービーのシティ戦で大敗を喫したユナイテッドサポーターの反応

プレミア・リーグは22日に第5節を行い、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドによるマンチェスター・ダービーが行なわれた。シティは前半16分にFWセルヒオ・アグエロのゴールで先制する。さらに前半ロスタイムにもMFヤヤ・トゥレがゴールを決めると、後半の立ち上がりにもアグエロ、MFサミル・ナスリが立て続けに得点を挙げて、勝利を決定的にした。その後、ユナイテッドの反撃を1点に抑えたシティが、4-1でダービーに完勝している。ユナイテッドは交代枠を2つ残して試合終了。日本代表MF香川真司はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。 ―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】吉田麻也と契約延長すべきか議論する現地サウサンプトンサポーター

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、去就に関して口を開いた。イギリス紙『デイリーエコー』が伝えている。
吉田とサウサンプトンの契約は今シーズン限りで満了を迎える。残留の意思があるかを問われた吉田は「はい。練習場もスタジアムも素晴らしいし、僕はこの街が好きです」と語り、今後もサウサンプトンでのプレーを希望していることを明かした。
その一方で、吉田は「問題は出場機会が少ないことです」とコメント。また、「クラブが僕を必要としてくれるのかは分かりませんが、12月は僕たちにとって重要な時期なので、今はフットボールに集中しています。契約に関しては代理人に任せています」と述べていた。-

続きを読む

【海外の反応】「恋しかった」吉田麻也、先発復帰で奮闘!現地サポから称賛殺到!

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也は、激しいポジション争いを理解しつつ、今後も戦い続ける姿勢を示している。
吉田は今シーズン、リーグ戦では2試合の出場にとどまる。それでも直近の第12節ワトフォード戦(1-1)にはフル出場し、「多くの変化があった。僕もこのチャンスを待っていました」と話して以下のように続けている。
「スターティングメンバーに戻ってこられて本当に嬉しい。今後も戦い続けるし、それは他の選手も一緒です。自分に必要なことはわかっていますし、チャンスが来ることも理解しています。常に準備していますが、勝てずクリーンシートともならず、悔しいですね」

続きを読む

【ポルトガルの反応】田中順也、国内杯で3アシスト!スポルティング・リスボンの現地サポはどう見たのか?

ポルトガル国内杯は7日、各地で準々決勝を行った。FW田中順也の所属するスポルティング・リスボンはホームでファマリソンと対戦し、4-0で勝利した。先発フル出場した田中は、3得点をアシストする活躍でチームの準決勝進出に大きく貢献した。
S・リスボンは前半28分、MFジョアン・マリオの左足シュートが相手DFの手に当たってPKを獲得。FWフレディ・モンテロのキックはGKの好セーブに止められるが34分には、自陣からのロングフィードをダイレクトでFWアンドレ・カリージョが右足アウトサイドで合わせ、先制に成功した。
後半に入ってもS・リスボンが主導権を握る。4分、ゴール正面でボールを受けた田中が落としたボールをJ・マリオが右足ダイレクトシュート。これがDFに当たってGKの逆を突き、2-0とリードを広げた。さらに24分、田中が右CKのシュートコーナーからリターンを受け、ゴール前に放り込む。これをニアでDFパウロ・オリベイラが頭で合わせ、3-0とした。

続きを読む

【豪州の反応】「誇りに思う」チリに破れるもチームの出来に満足するオーストラリアサポーター

ブラジルW杯は13日に大会2日目を迎えた。クイアバのパンタナールでは、B組のチリ代表とオーストラリア代表が対戦した。ボール支配率で圧倒するチリは、前半12分にエースのFWアレクシス・サンチェスのゴールで先制すると、その2分後にも追加点を記録。オーストラリアも前半35分にはFWティム・ケーヒルが得意のヘッドで1点を返した。後半もオーストラリアはケーヒルの高さを活かした攻撃を見せたが、同点に追いつけない。逆にチリは終了間際に追加点を挙げて、3-1で初戦を制している。―
ゲキサカ

続きを読む