選手

「ベルギーのレベルを超越してる」冨安健洋の活躍を現地サポが絶賛!【ベルギーの反応】

ベルギー・リーグ第27節が24日に行われ、5位シントトロイデンはホームでMF森岡亮太所属の8位シャルルロワと対戦し、3-1で勝利した。DF冨安健洋は3試合連続で先発フル出場し、18試合連続スタメンのMF鎌田大地は後半31分までプレー。ベンチ入りしたMF関根貴大とFW木下康介は出番なしとなった。また、シャルルロワ加入4戦目となった森岡は初のフル出場を果たしている。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?267173-267173-fl
ベルギー全国紙『HLN』は、優勝を争いにも食い込みそうな勢いのSTVVを率いる、注目度急上昇中のマルク・ブライス監督のインタビューを掲載。指揮官は、「世間はクレイジーな状態だというだろう。だが、これは現実なんだ」と、チームの出来に胸を張っている。

続きを読む

【海外の反応】「日本に行くには若すぎる」神戸、バルサの24歳MFサンペール獲得報道に驚愕する海外のファン!

ヴィッセル神戸がバルセロナMFセルジ・サンペール(24)の獲得に近づいているようだ。『ムンド・デポルティボ』など、複数のスペインメディアが報じている。
『ムンド・デポルティボ』は「サンペール、ヴィッセル神戸(移籍)に近づく」との見出しで報道。バルセロナとグローバルスポンサー契約を結ぶ楽天の三木谷浩史会長兼社長は、世界最大の携帯関連見本市「MWC19バルセロナ」に参加した際、バルセロナとサンペールの移籍について話し合ったという。
サンペールはバルセロナの下部組織出身で、スペインの下部年代代表でもプレー。中盤の底でチームの攻守のバランスを取ることを得意としている。2013年から2016年までプレーしたバルセロナのBチームでは絶対不可欠な存在だったが、トップチームでは出場機会に恵まれず、2015-16シーズンにグラナダ、2017-18シーズンにラス・パルマスにレンタルで移籍して経験を積んだ。バルセロナに復帰した今季は負傷の影響もあって、コパ・デル・レイで33分出場するだけにとどまっている。

続きを読む

【ドイツの反応】「真のリーダーだ」長谷部誠の活躍を現地サポが絶賛!キッカー誌のランキングで単独トップに!

DFB(ドイツサッカー連盟)は、フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠に対する調査を開始するかもしれない。4日付のドイツ誌『キッカー』が伝えている。
2日のブンデスリーガ第24節で、フランクフルトはホッフェンハイムに3-2で逆転勝利。この試合の80分、相手MFナディエム・アミリがピッチで治療を受けていたとき、長谷部の見せたアクションが騒動の発端となり、ホッフェンハイムのアレクサンダー・ローゼンSD(スポーツディレクター)は「我々のメディカルスタッフを侮辱したことを知っている」と苦言を呈すると、逆転勝利を相手ベンチの前で喜んでいたことも非難していた。
また、試合直後にはホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督と長谷部との間で口論が勃発。その内容について同監督は「彼だけに向けた話」とし、明かす必要はないと強調。記者会見では「私はキャプテンはきちんとした振る舞いを見せるべきだと思っている。彼は何度かそうしなかった」とも話していた。

続きを読む

【ベルギーの反応】「残念だ」久保裕也、今季9ゴール目も現地メディアが退団報道

ベルギーリーグは22日、優勝を争う「プレーオフ1」の第5節を行った。FW久保裕也の所属する3位ゲントは敵地で6位シャルルロワと対戦。1-2で敗れ、3戦未勝利(1分2敗)となった。6試合ぶりに先発復帰した久保は0-2の後半15分に得点をマーク。4試合ぶりのゴールで今季9得点目とし、同27分までプレーした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-01653007-gekisaka-socc

続きを読む