選手

【海外の反応】「一理あるけど..」本田のブーイング論が世界のサッカーファンの間でも物議を呼ぶ

イタリアと日本のサポーター文化に話題が移ると、思わずヒートアップした。日本代表FW本田圭佑(ミラン)は4日、代表合宿に合流。練習後、報道陣の取材に対応すると、その最後に週末のリーグ戦でミランサポーターのブーイングに苦言を呈した真意について質問が飛んだ。
「ブーイングに関しては、日本はないはない。逆にミランはあり過ぎてダメだと思っている。試合中、負けていると、ミランは完全に見放す。そこに愛情は一切感じられない。別に嫌いで、愛情がなくて、見放すなら見放すでもいい。でも、勝ったらいきなり家族に戻る。数字の問題だけかと」
興奮気味にまくし立てる本田の声は自然と大きくなり、ミックスゾーンの離れた位置で取材対応していたDF長友佑都(インテル)の耳にも届いたようだ。同じセリエAでプレーするサイドバックは「だいぶ熱くなっているな」と苦笑いを浮かべ、「僕は静かにいきますよ」とジョークを飛ばすほどだった。
続きを読む

【海外の反応】本田にプレミア移籍の噂..「レジェンドになるかも」現地サポはダジャレで盛り上がる

ミランの日本代表MF本田圭佑の移籍先候補の1つに、プレミアリーグのサンダーランドが挙がっているようだ。英『トライバル・フットボール』が伝えている。
同メディアでは、本田が1月にミランを出て行く準備をしており、クラブもそれを容認する意向だと報道。本田に対してはMLSのLAギャラクシーとシアトル・サウンダーズ、プレミアのサンダーランドの3つのクラブが強い関心を寄せているという。中でもサンダーランドのデイビッド・モイーズ監督は長い間ミランの10番を注視し続けているとし、まだヨーロッパで自分の力を証明しようと望んでいる本田本人と思惑が一致するのではないかと見ているようだ。
本田は今季からミランを率いるビンチェンツォ・モンテッラ監督の下、リーグ戦の出場が17試合中わずか5試合(計96分)。若手が躍動するチームの中で完全に取り残され、ミラン加入後最も厳しいシーズンを過ごしている。
続きを読む

【海外の反応】「知ってた」香川は惜しくも準優勝..ブンデス公式アイドル総選挙はチチャリートが大差で優勝

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、ブンデスリーガ公式サイトが実施した「ブンデスリーガ・アイドル」という一大企画でファイナルに進出したが、レバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリートこと、ハビエル・エルナンデスに圧倒的大差で敗れた。準優勝に終わり、ブンデス総選挙でセンターの座を射止めることはできなかった。
この企画は、ブンデス公式サイトがリーグを代表するアイドルにふさわしいとジャッジした6人のスターを選出。サポーター投票で最強のアイドルを決めるという企画だ。
公式サイトでは「6人の男の中からアイドルは1人。自分のお気に入りの選手で何かが起こせる。公式ツイッターのアカウントに向かって、投票してください。もしも、あなたの“推しメン”が準決勝から決勝に進んだら、彼をブンデスリーガ・アイドルに」と、この総選挙イベントの趣旨を説明し、参加を呼びかけてきた。
続きを読む

【海外の反応】「一流の選手だ」インテル長友獲得報道にプレミアのバーンリーサポは期待を膨らませる

インテルに所属する日本代表DF長友佑都にプレミアリーグのバーンリーが強い関心を抱いていることがわかった。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が18日に伝えている。
同メディアによると、バーンリーは長友を高く評価。400万ユーロ(約4億9000万円)が一般的に見られる長友の評価額だが、バーンリーはその倍の価格である800万ユーロ(約9億8000万円)のオファーを用意していると伝えられた。
バーンリーはプレミアリーグ第21節終了時点で10位に位置しており、17日に行われたFAカップではサンダーランドを2-0で下して4回戦へと駒を進めている。
続きを読む

【ベルギーの反応】「かなり期待」久保、ヘント史上最高額で移籍!「無名の日本人になぜ」不満を抱く現地サポも

現地時間1月25日、ベルギー・リーグのヘントは、スイス・リーグのヤング・ボーイズから日本代表FWの久保裕也を獲得したことを発表した。
2020年6月までの3年半契約で、移籍金の推定350万ユーロ(約4億2000万円)はクラブ史上最高額だ。
ヘントの公式サイトは2ゴールを挙げたチャンピオンズ・リーグ予選3回戦のシャフタール戦を例に挙げ、「若いながらもヨーロッパで多くの経験を持っている」と久保を紹介。昨年11月から膝の怪我で戦線を離脱していたが、大きな期待を寄せている。
続きを読む