長友

【海外の反応】アシストをして活躍した長友佑都がインテルサポーターに絶賛される!

セリエAは29日、第6節2日目を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でカリアリと対戦し、1-1で引き分けた。
開幕5戦を終えて4勝1分と好スタートを決めたインテル。今節は敵地に乗り込んでカリアリと対戦。日本代表アルベルト・ザッケローニ監督も視察に訪れた中でキックオフされた。
長友が積極的なプレーでインテルを引っ張った。前半2分にオープニングシュートを放ったかと思えば、同22分には右サイドを突破した長友がクロスを上げると、FWイシャク・ベルフォディルの頭にピンポイントで合う。これはGKミカエル・アガッツィの好セーブに阻まれたが、好機を演出した。

続きを読む

【海外の反応】2戦連続得点の長友、ドルトムント戦での乾、大勝した酒井高徳への現地サポーターの反応をまとめました

セリエAは1日、第2節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でカターニアと対戦し、3-0で勝利した。左MFで先発した長友は、1点リードで迎えた後半10分に2試合連続ゴールとなるヘディング弾を決めて勝利に大きく貢献した。インテルは開幕2連勝と絶好のスタートを切った。 ―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】長友佑都、イタリアダービーで途中出場し積極的なプレーでチャンスを演出

セリエAは16日、第36節を行った。DF長友佑都の所属するインテルは、ホームでユベントスと対戦し、1-2で敗れた。ベンチスタートだった長友は後半26分から2試合連続の途中出場を果たしている。
ここ7戦負けのないインテル。残り3戦でEL圏内の6位サンプドリアまで勝ち点2差。ユベントスとの「イタリアダービー」と言えど、相手は主力メンバーを温存しており、勝ち点3が是が非でも欲しい試合となっていた。
先制点はインテルが奪った。序盤から攻勢を仕掛けたインテルは前半9分、MFマルセロ・ブロゾビッチのミドルシュートをFWマウロ・イカルディが胸でかすめてコースを変えるゴールで枠内に収め、先制点を奪った。

続きを読む

【海外の反応】長友の開幕戦ゴールに驚く現地インテリスタ、得点したハーフナーには高評価!

セリエAは25日、開幕節の2日目を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでジェノアと対戦し、2-0で勝利した。セリエAで4シーズン目を迎えた長友は、4季連続の開幕スタメンの座を勝ち取ると、後半30分に決勝点を挙げる活躍をみせた。 ―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「スーパーだ」長友の華麗な股抜きがCLベストスキルに選出!世界のファンが絶賛!

10月24日(現地時間)、トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表SBの長友佑都が、チャンピオンズ・リーグ(CL)のシャルケ戦にスタメン出場。83分に交代するまで、溌剌としたプレーでチームをけん引した。試合はスコアレスドローで終了し、ガラタサライはグループDの3位につけている。
この試合で長友が披露したひとつのプレーが、「最も優れたスキル」としてピックアップされ、UEFA公式インスタグラムで紹介された。
そのプレーとは、シャルケのMFダニエル・カリジューリが、左サイドでボールをキープしている長友をチェックしに寄ってきたところで、長友は左足でチップしたボールを右足で弾き返し、カリジューリの股の下に通すと、身をひるがえして相手を置き去りにし、前線へとドリブルでボールを運んだというものだ。

続きを読む

【海外の反応】「一流の選手だ」ノリッジが長友佑都獲得に関心!?興奮を隠せない現地サポーター

インテルに所属する日本代表DF長友佑都について、退団の可能性が高まっていると、イタリアの主要メディアの多くが26日に報じた。
イタリアメディア『Rai』、『Sky』、『メディアセット』の3社が、インテルが獲得を望む元ブラジル代表MFフェリペ・メロとのトレードで、ガラタサライへの移籍の可能性を伝えている。
また『Rai』は、ガラタサライへの移籍論が強まる中、ストークとプレミアリーグに返り咲いたノリッジからの関心も報じている。-

続きを読む

【イタリアの反応】現地サポは長友佑都のクロスに一定の評価!GKハンダノヴィッチPK5本連続阻止中

インテルDF長友佑都は9日、セリエA第11節エラス・ヴェローナ戦で先発フル出場を果たした。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同選手に平均点となる6点をつけている。
ふくらはぎの負傷から復帰した長友は、ヨーロッパリーグのサンテティエンヌ戦(フランス)を体調不良で欠場したものの、この日のヴェローナ戦で復帰。右サイドでプレーした。
チームは10分に先制を許したものの、FWマウロ・イカルディの2得点で逆転に成功。だが、MFギャリー・メデルが退場となり、数的不利に陥ると、終了間際の失点で勝ち点2を逃した。

続きを読む