長友

【イタリアの反応】「理解できない」本田、長友を起用しないことに現地サポから不満の声も

ミランは21日、セリエA第34節のカルピ戦をホームで行い、0-0で引き分けた。残留を争うカルピを相手に、ミランは12月の対戦に続くスコアレスドローを喫した。試合終了のホイッスルが鳴ると、サンシーロはブーイングに包まれた。
前節6戦ぶりの勝利を挙げたミラン。監督交代が行われたクリスティアン・ブロッキ監督の初陣を白星で飾った。しかしシニシャ・ミハイロビッチ前監督時代は不動のレギュラーだった日本代表MF本田圭佑は出場機会が巡ってこず。システム変更によってトップ下が復活し、新監督もトップ下・本田の存在を認識しているようだが、初戦のMFジャコモ・ボナベントゥーラに続き、今節はMFケビン・プリンス・ボアテングの起用となった。
歯がゆい展開が続いた。17日のサンプドリア戦は後半26分のFWカルロス・バッカのゴールによって辛くも勝利を挙げていたミランだが、この日もなかなかゴールを奪えない展開が続く。後半20分にはボアテングと交代で入ったMFステファノ・マウリがゴールネットを揺らすもオフサイドで取り消された。

続きを読む

【イタリアの反応】「ノリに乗っている」長友の先制ゴールに現地インテルサポが称賛!

インテルは27日、ニューヨークでアルゼンチンのエストゥディアンテスと親善試合を行い、1-1で引き分けた。日本代表MF長友佑都はこの試合で先制ゴールを記録している。
インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)パリ・サンジェルマン戦に続いて先発した長友は、開始わずか5分で先制ゴールを記録。速攻からエリア左側に抜け出して切り返したパラシオがグラウンダーのクロスを入れると、そこに右サイドから走り込んだ長友がダイレクトで蹴り込んで1-0とした。
エストゥディアンテスも反撃に転じ、前半終了間際のFKにデサバトが頭で合わせて同点に追いつく。後半にはそれ以上のゴールは生まれず、試合はドローに終わっている。長友はたびたびチャンスに絡む好プレーを見せ、フル出場を果たした。

続きを読む

【イタリアの反応】アシストした長友に現地サポが高評価!「クアドラードを無効化した!」

インテルDF長友佑都は、15日に行われたセリエA第24節フィオレンティーナ戦に先発出場し、終盤の87分までプレーして1アシストを記録した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同選手のプレーに6.5と高めの採点を与えている。
インテルは34分にFWロドリゴ・パラシオのゴールで先制。今年に入って初めてFW陣がゴールを決め、1点リードで前半を折り返したが、後半立ち上がりにフィオレンティーナMFフアン・クアドラードに同点ゴールを許してしまう。
だが65分、長友が左サイドを突破して絶妙なクロスを入れると、交代出場のFWマウロ・イカルディがワンタッチでうまく合わせてゴール。これが決勝点となり、2-1で前節サッスオーロ戦に続いての連勝を飾った。

続きを読む

【海外の反応】インテル長友、ユナイテッドのオファーを断ったと認める

インテルDF長友佑都が11日、クラブ公式チャンネルやインテル専門サイト『FcInterNews.it』のインタビューで、インテル愛を強調した。マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを断ったとも認めている。
今季でインテルとの契約が満了となる長友は、1月にユナイテッドなどのオファーを断って残留したと報じられたところだ。インテルとの契約延長が近いとされる長友は、次のように明かしている。『FcInterNews.it』が伝えた。
「僕はインテルのすべてが好きです。ここに残りたいと思っています。ユナイテッドからのオファーは断りました。ここに残るのが希望です」

続きを読む

【海外の反応】日本人対決に明暗..長友オウンゴール、堅守吉田には現地サポから称賛の声!

※試合終了後の反応を追記しました
ヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第4節が3日に行われた。日本代表DF長友佑都の所属するインテル(イタリア)は敵地で同DF吉田麻也の所属するサウサンプトン(イングランド)と対戦し、1-2で敗れた。長友は左SB、吉田はCBでとも先発フル出場したが、長友が後半25分に痛恨の決勝点となるオウンゴールを献上している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-01632925-gekisaka-socc

続きを読む

【イタリアの反応】長友のPKも話題に!インテル奇跡の逆転にあと一歩及ばず..PK戦の末にユーヴェが決勝進出

DF長友佑都の所属するインテルは2日、ユベントスとのコッパ・イタリア準決勝第2戦をホームで戦った。第1戦を0-3で落としていたインテルだが、90分で3-0と驚異の粘りを見せる。しかしPK戦までもつれ込ませたが、インテルはPK戦を3-5で落とし、決勝ミラノダービーの実現を逃した。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】日本人対決がELで実現!長友、ライン際のクリア!インテルが吉田サウサンプトンに勝利!

※試合後の反応を追記しました
ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節が20日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルと同代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。長友は右サイドバックで、吉田はセンターバックで先発出場している。
インテルは初戦のハポエル・ベア・シェヴァ戦、第2節のスパルタ・プラハ戦を立て続けに落としてグループ最下位。また、公式戦3連敗中と苦しい状況に立たされている。グループステージ突破に向けて、ホームでなんとしてでも勝ち点3を積み上げたい。一方、サウサンプトンは初戦のスパルタ・プラハ戦で勝利したものの、第2節のハポエル・ベア・シェヴァ戦はスコアレスドロー。こちらも決勝トーナメント進出に向けて負けられない状況となる。

続きを読む

【海外の反応】「ユウトがいて良かった」長友佑都、完璧アシスト!現地サポが称賛!

現地時間8月5日、トルコ・サッカー界の新シーズン開幕を遂げる「TFFシュペルクパ(スーパーカップ」が行なわれ、日本代表DF長友佑都を擁するガラタサライは、昨シーズンのリーグカップ覇者であるアキサルスポルと対戦した。

長友は4-2-3-1システムの左SBで先発出場。チームは開始5分に先制点を奪われる苦しい展開を余儀なくされ、攻撃の歯車がなかなか噛み合わない時間帯が続く。だが1点ビハインドのまま迎えた後半に入ると、戦力値で上回るリーグ王者・ガラタサライが人海戦術で揺さぶりをかける。ファティフ・テリム監督が59分、69分、77分と矢継ぎ早に攻撃のタレントを投下すると、ホームサポーターの熱狂的な後押しを受け、イケイケムードがスタジアムを包んだ。

続きを読む

【イタリアの反応】「言うことなしだ」長友、決勝ゴールに絡み現地インテルサポから賞賛相次ぐ!

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは26日、セリエA第10節でトリノに2-1で勝利。フル出場した長友が試合後、インタビューに応じている。
インテルはリーグ戦3連敗中で14位に低迷しており、フランク・デ・ブール監督解任の噂もささやかれていた。長友は「なかなか点がとれなくて、また引き分けるんじゃないかとちょっと脳裏をよぎりました」と、苦しみながらの勝利だったと振り返った。
前節のアタランタ戦からの修正点については、「まずは守備の入り方ですね。アタランタ戦は前の選手と後ろの選手の意思疎通というか、共有ができてなかったというのがあった。そこをこの2日間で修正して、よくなったかな」とコメント。チームとして守備面での改善をしていたと明かした。

続きを読む