長友

【海外の反応】インテル長友、ユナイテッドのオファーを断ったと認める

インテルDF長友佑都が11日、クラブ公式チャンネルやインテル専門サイト『FcInterNews.it』のインタビューで、インテル愛を強調した。マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを断ったとも認めている。
今季でインテルとの契約が満了となる長友は、1月にユナイテッドなどのオファーを断って残留したと報じられたところだ。インテルとの契約延長が近いとされる長友は、次のように明かしている。『FcInterNews.it』が伝えた。
「僕はインテルのすべてが好きです。ここに残りたいと思っています。ユナイテッドからのオファーは断りました。ここに残るのが希望です」
続きを読む

【イタリアの反応】長友のPKも話題に!インテル奇跡の逆転にあと一歩及ばず..PK戦の末にユーヴェが決勝進出

DF長友佑都の所属するインテルは2日、ユベントスとのコッパ・イタリア準決勝第2戦をホームで戦った。第1戦を0-3で落としていたインテルだが、90分で3-0と驚異の粘りを見せる。しかしPK戦までもつれ込ませたが、インテルはPK戦を3-5で落とし、決勝ミラノダービーの実現を逃した。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】日本人対決がELで実現!長友、ライン際のクリア!インテルが吉田サウサンプトンに勝利!

※試合後の反応を追記しました
ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節が20日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルと同代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。長友は右サイドバックで、吉田はセンターバックで先発出場している。
インテルは初戦のハポエル・ベア・シェヴァ戦、第2節のスパルタ・プラハ戦を立て続けに落としてグループ最下位。また、公式戦3連敗中と苦しい状況に立たされている。グループステージ突破に向けて、ホームでなんとしてでも勝ち点3を積み上げたい。一方、サウサンプトンは初戦のスパルタ・プラハ戦で勝利したものの、第2節のハポエル・ベア・シェヴァ戦はスコアレスドロー。こちらも決勝トーナメント進出に向けて負けられない状況となる。
続きを読む

【イタリアの反応】「言うことなしだ」長友、決勝ゴールに絡み現地インテルサポから賞賛相次ぐ!

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは26日、セリエA第10節でトリノに2-1で勝利。フル出場した長友が試合後、インタビューに応じている。
インテルはリーグ戦3連敗中で14位に低迷しており、フランク・デ・ブール監督解任の噂もささやかれていた。長友は「なかなか点がとれなくて、また引き分けるんじゃないかとちょっと脳裏をよぎりました」と、苦しみながらの勝利だったと振り返った。
前節のアタランタ戦からの修正点については、「まずは守備の入り方ですね。アタランタ戦は前の選手と後ろの選手の意思疎通というか、共有ができてなかったというのがあった。そこをこの2日間で修正して、よくなったかな」とコメント。チームとして守備面での改善をしていたと明かした。
続きを読む

イタリア人「感動した」長友佑都、宿敵封じ現地インテルサポから称賛の嵐!【海外の反応】

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、現地時間21日にナポリと無敗同士の首位決戦に臨み、アウェーでの一戦を0-0で引き分けた。左サイドバックでフル出場した長友は対峙した天敵のスペイン代表FWホセ・カジェホンを封殺する働きで、イタリア紙から合格点を与えられている。
26得点とリーグトップの攻撃力を誇るナポリを完封したインテル。“影の功労者”となった長友には、「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙も採点で「6.5点」をつけた。
「2回ほど攻め込まれたが、全力で試合に入った。カジェホンをほとんど生気のないようなプレーに抑えた。1対1では常に素晴らしく、最高レベルの守備を最低3回は見せた」
続きを読む

【イタリアの反応】「生まれ変わった」長友に拍手喝采!現地インテリスタから称賛の嵐!

ナポリへの雪辱を果たしたインテルの長友佑都は、気を緩めることなく好パフォーマンスを続けている。現地時間10月24日のセリエA10節のサンプドリア戦に先発出場し、3-2の勝利に貢献した背番号55には、イタリア・メディアから賛辞が寄せられた。
前節は昨シーズンの対戦で致命的なミスを犯したナポリとの試合で、ホセ・マリア・カジェホンを封じ、敵地での勝点1奪取に貢献した長友。ダウベルトの先発を予想する報道もあったが、中2日で迎えたサンプドリア戦でも、日本代表DFはスタメンの座を明け渡さなかった。
続きを読む

【イタリアの反応】「英雄だ」長友、インテルを救うPKを決めて現地サポから称賛の嵐!

コッパ・イタリア(イタリア杯)5回戦の試合が現地時間の12日に行われ、インテルが3部のポルデノーネと対戦。延長戦まで120分を0-0で終える苦戦を強いられ、PK戦の末にようやく勝利を収めた。
リーグ戦でここのところ出場機会を失っていたインテルのDF長友佑都は先発でフル出場。PK戦では最後の1本のシュートを成功させてインテルに勝利をもたらした。
「右サイドでのプレーは久々でした。左の方がやりやすいですが、もっとうまくやれるはずでした」と長友は試合後にクラブ公式の『インテルTV』でコメントしている。「しばらくプレーしていませんでしたので、最後は疲れていました」と120分間を戦い終えた感触について述べた。
続きを読む

【海外の反応】「ついにこの日が来た」長友佑都、インテルからガラタサライ移籍へ

インテルに所属する日本代表DF長友佑都は、この冬の移籍市場でトルコの強豪ガラタサライへ移籍することになるかもしれない。イタリア『メディアセット』が伝えている。
今季序盤戦はインテルでレギュラーとしてプレーしていたが、その後出場機会を失っている長友。冬の移籍市場でチームを離れる可能性も取りざたされ、スペインのベティスやトルコのフェネルバフチェが関心を持っているとも報じられていた。
だが、移籍先はガラタサライとなる可能性が浮上しているようだ。『メディアセット』によれば、代理人のフェデリコ・パストレッロ氏が交渉をまとめるためイスタンブールへ向かっているという。
続きを読む